Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

Container Engine for Kubernetesの操作のモニタリング

Container Engine for Kubernetesによって実行される操作は、次のように監視できます:

  • クラスタの概要ページのWork「リクエスト」タブを使用して、Container Engine for Kubernetesを使用して、特定のクラスタで実行された操作を監視および管理できます。
  • Oracle Cloud Infrastructure Auditサービスを使用して、Container Engine for Kubernetesによって実行されたすべての操作をログ・イベントとして表示できます。

コンソールの使用

特定のクラスタで実行された操作を監視および管理するには:

  1. コンソールで、「ナビゲーション・メニュー」を開きます。 ソリューション、プラットフォーム、エッジの下で、開発者サービスに行き、「コンテナ・クラスタ」をクリックします。
  2. 働くことが許可されている「コンパートメント」を選択してください。
  3. 「クラスタ・リスト」ページで、操作を監視および管理するクラスタの名前をクリックします。

    「クラスタ」ページには、クラスタに関する情報が表示されます。

ログ・イベントとしてContainer Engine for Kubernetesによって実行されたすべての操作を表示するには:

  1. コンソールで、「ナビゲーション・メニュー」を開きます。 ガバナンスと管理の下で、ガバナンスに行き、「ポリシー」をクリックします。
  2. 働くことが許可されている「コンパートメント」を選択してください。
  3. Container Engine for Kubernetesによって実行された操作を表示するための検索とフィルタリング。 「Auditログ・イベントの表示」を参照してください。

APIの使用

APIおよび署名リクエストの使用については、REST APIおよび「セキュリティ資格証明」を参照してください。 SDKの詳細は、「ソフトウェア開発キットとコマンドライン・インタフェース」を参照してください。

GetWorkRequestDeleteWorkRequestListWorkRequestErrorsListWorkRequestLogs、およびListWorkRequests操作を使用して、Container Engine for Kubernetesによって実行される操作を監視および管理します。