Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

アクティビティ監査について

データベース管理者、アカウント所有者およびエンド・ユーザーに、データベースを調整します。 ただし、アカウントが危険や誤用を招く危険性があるため、データベース・アクティビティを定期的にモニターすることが重要です。 Oracle Data Safeのアクティビティ監査は、アカウンタビリティを保証し、規制のコンプライアンスを改善するのに役立ちます。

アクティビティ監査を使用すると、Oracle Cloudデータベースでのユーザー・アクティビティの監視、業界および規制のコンプライアンス要件ごとの監査レコードの収集および保存、異常な動作やブラックリストに記載された動作のために必要なアラートのトリガーを行うことができます。 機密データベースの変更、管理者とユーザーのアクティビティ、インターネット・セキュリティ(CIS)に関するセンターで推奨されるアクティビティおよび自分の組織で定義されたアクティビティを監査できます。 データベース・パラメータまたは監査ポリシーの変更時、管理者によるログインの失敗、ユーザー権限の変更時およびユーザーの作成または削除時にアラートを受け取るように選択できます。

アクティビティ監査は、すべての監査アクティビティを含む包括的なレポートであるすべてのアクティビティ・レポートなど、様々な対話形式の監査レポートを提供します。 その他のレポートでは、ユーザーおよび権限の変更、管理アクティビティ、データ・アクセス、データベース・スキーマの変更、ログイン・セッションなどの特定の領域が対象となります。 また、レポートを、コンプライアンス・レポートに役立つスプレッドシートまたはPDFファイルとしてダウンロードすることもできます。