Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

制限を超える監査データの収集

設定ページで、すべてのターゲットにグローバル設定を設定して、監査レコードが許容数に達した後に監査データの収集を続行するか、特定のターゲット・データベースを選択できます。 監査データの収集は、限度を超えて行う必要があります。

制限を超える監査データを収集するには、次のようにします:
  1. 「設定」タブをクリックします。
    設定ページが表示されます。
  2. 制限値に達した後に、すべてのターゲットに対して監査データを収集(または収集しない)するようにグローバル・プリファレンスを設定するには、ページの上部にある「はい」またはいいえを選択します。
  3. 制限に達した後、特定のターゲット・データベースの監査データを収集する場合は、ページの上部にあるいいえを選択し、ターゲット・データベースのチェック・ボックスを選択します。
  4. 「Save」をクリックします