Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

認可ポリシーの構成

Oracle Data Safe管理者の重要なタスクは、リソース・グループごとに認可ポリシーを構成することです。

認可ポリシーを構成するには:
  1. Oracle Data Safeコンソールのページ上部にある、セキュリティをクリックします。
  2. 認可ポリシーを構成するリソース・グループを選択します。
    ユーザー・グループのリストが表示されます。
  3. グループに機能の権限を付与するには、「評価」検出およびマスキングアクティビティ監査の各ドロップダウン・リストから、表示またはManageを選択します。
    テナンシのinspectグループができない場合でも、ユーザー・グループのManageを選択できます。 この場合、グループは機能のリソースの読取り、作成、更新および削除が可能ですが、認可ポリシーの構成はできません。
  4. すべての機能に同じ権限をグループに付与するには、「すべての機能」ドロップダウン・リストから-- (none)、ViewまたはManageを選択します。
  5. グループから機能に対する権限を取り消すには、機能ドロップダウン・リストで--を選択します。
  6. 「Save」をクリックします