Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

Oracle Data Safeダッシュボード

Oracle Data Safeにサインインすると、ホーム・タブが表示されます。 「ホーム」タブは、アクティビティを監視できる複数のチャートで構成されるダッシュボードです。 Oracle Data Safeを有効化したばかりで、初めてOracle Data Safeコンソールにアクセスする場合、チャートにはデータがありません。 ダッシュボードには、次のチャートが表示されます:

  • セキュリティ評価:データベースで、低、中および高リスクのセキュリティ構成の割合が表示されます。
  • ユーザー評価:データベースで低、中、高およびクリティカルのリスク・ユーザーのパーセンテージを表示します。
  • データ検出:データベース内の上位5つの機密カテゴリを表示します。
  • すべてのアクティビティ:すべてのユーザーが最後に実行した週の1日当たりのイベント数が表示されます。
  • 管理アクティビティ:管理ユーザーが最後に実行した週の1日当たりのイベント数が表示されます。
  • オープン・アラート:直近の週の1日当たりのオープン・アラート数を表示します。
  • 機能の使用方法: Oracle Data Safe機能(セキュリティ評価、ユーザー評価、データ検出、データ・マスキングおよびアクティビティ監査)が最後の週、最後の月および過去3か月間に使用された回数が表示されます。
  • ジョブ・サマリー:失敗、実行中および終了したジョブの割合の表示。
  • 監査証跡: 実行中、停止済および失敗の監査証跡の数を表示します。