Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

DB SystemでOracle Data Safeサービス・アカウントにロールを付与

DBシステムでOracle Data Safeサービス・アカウントのロールを付与または取り消すには、SQL権限スクリプトを実行する必要があります。 スクリプトを実行するには、SYSユーザーとしてDBシステムに接続する必要があります。

DBシステムのOracle Data Safeサービス・アカウントに対してロールを付与または取り消すには:
  1. Oracle Data SafeコンソールからSQL権限スクリプトをダウンロードします:
    1. Oracle Data Safeコンソールにサインインし、ターゲットタブをクリックします。
    2. 「追加」をクリックします。
      ターゲットの追加ダイアログ・ボックスが表示されます。
    3. 「権限スクリプトのダウンロード」をクリックし、コンピュータにdscs_privileges.sqlスクリプトを保存します。
    4. 「取消」をクリックします。
  2. SQL DeveloperまたはSQL*Plusを使用して、SYSユーザーとしてデータベースに接続し、次の文を使用してSQL権限スクリプトを実行します:
    @dscs_privileges.sql <DATASAFE_ADMIN> <GRANT/REVOKE> <AUDIT_COLLECTION/AUDIT_SETTING/DATA_DISCOVERY/MASKING/ASSESSMENT/ALL> [-VERBOSE]