Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

Oracle Cloud InfrastructureでのOracle Data Safeイベント

Oracle Data Safeサービスにより、Oracle Cloud Infrastructure (OCI)でイベントが送信されます。これは、リソースの変更を示す構造化メッセージです。

OCIのイベントユーザー・インタフェースでは、ユーザーがサービス名を選択し、<resource> - <event type>の形式に従ったイベント・タイプを選択します。 Oracle Data Safeのサービス名はData SafeのCloud Serviceです。 次の表に、Data Safe Cloud Serviceのイベント・タイプを示します。 わかりやすい名前は、表を読みやすくし、OCIユーザー・インタフェースにもありません。

わかりやすい名前 イベント・タイプ

構成 - 有効化開始

com.oraclecloud.DataSafeInstancesControlPlane.EnableDataSafeService.begin

構成 - 有効化終了

com.oraclecloud.DataSafeInstancesControlPlane.EnableDataSafeService.end

次のコードは、Configure - Enable Beginイベントの一例です:

{
    "eventType": "com.oraclecloud.DataSafeInstancesControlPlane.EnableDataSafeService.begin",
    "cloudEventsVersion": "0.1",
    "eventTypeVersion": "<version>",
    "source": "DataSafeInstancesControlPlane",
    "eventTime": "2019-10-21T22:06:46.588Z",
    "contentType": "application/json",
    "data": {
      "compartmentId": "ocid1.tenancy.oc1..<unique_ID>",
      "compartmentName": "example-compartment",
      "resourceName":"configuration",
      "resourceId":"ocid1.coreservicesworkrequest.oc1..<unique_ID>",
      "availabilityDomain":"<availability_domain>"
    },
    "eventID": "<unique_ID>",
    "extensions": {
      "compartmentId": "ocid1.tenancy.oc1..<unique_ID>"
    }
}