Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

ランダム・リスト

用途

ランダム・リスト・マスキング・フォーマットでは、値のリストから元の列値がランダムに選択されます。

入力

  • 値リスト:列値の置換に使用する必要がある値のカンマ区切りリストです。 リストの各値のデータ型が、列のデータ型と互換性を持つ必要があります。 日付のリストを使用する場合は、日付をYYYY-MM-DDの形式にする必要があります。 リストのエントリ数は999以下にする必要があります。

サポートされるデータ型

  • 文字
  • 数値
  • 日付

説明

  • 組合せ可能: はい
  • Deterministic: No
  • 逆仕訳不可: いいえ
  • 一意性: Yes. 入力リストには一意の値が必要であり、リスト内の値の数は、マスクされる列の値の数以上である必要があります。

例1

値が10、20、30、40、50の列があるとします。 ランダム・リスト・マスキング・フォーマットを使用すると、これらの値を入力リスト(99、100、101、102、103)からのランダム値に置換できます。 次の表では、最初のマスキング・ジョブ(MASK1)および2番目のマスキング・ジョブ(MASK2)の後の値と元の列(ORIGINAL)の値を比較しています。 マスキング・ジョブを実行するたびに、マスキングされた値が変更されることに注意してください。

ORIGINAL MASK1 MASK2
10 101 100
20 103 99
30 100 101
40 99 102
50 102 103

例2

次の表に、5つの異なる値で構成されるMARITAL_STATUS列がランダム・リスト・マスキング・フォーマットでマスキングされる方法を示します。 マスキング・フォーマットの値リストは、シングル、既婚および離婚です。

MARITAL_STATUS MASKED_MARITAL_STATUS
単一 Divorced
既婚 単一
ウィンドウ Divorced
単一 既婚
Divorced 既婚
Separated 単一