Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

Oracle Data Safeのサービス・アカウント

各ターゲット・データベースで、Oracle Data Safeには独自のサービス・アカウントが必要です。

DBシステムでは、データベースで必要な権限が最も少ないサービス・アカウントを作成する必要があります。

Autonomous Databaseの場合、Oracle Data Safeのサービス・アカウントをデータベースに作成する必要はありません。 Autonomous Databaseには、DS$ADMINという名前のOracle Data Safeに対するアカウントがすでにあり、このアカウントはパスワードの有効期限が切れている状態で最初にロックされています。 Autonomous Databaseを登録すると、Oracle Cloud Infrastructureがこのサービス・アカウントのロックを解除し、パスワードをリセットします。 Autonomous Databaseを登録解除すると、アカウントは再度ロックされます。