Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

監査データ保存期間の設定

Oracle Data Safe設定ページで監査データ保存期間を設定できます。 デフォルトの期間は6か月です。

監査データ保存期間を設定するには:
  1. 右上隅の「設定」をクリックします。
    設定ページが表示されます。
  2. ページの下部までスクロールします。
  3. 「監査データ保存期間」フィールドに、1から12までの数字を入力します。
  4. 「保存」をクリックします。
    ページの上部に"保存期間が正常に設定されました"というメッセージが表示されます。 新しい保存方針は、受信データに即時適用されます。 変更は、以前の保存方針に準拠している既存の表領域には影響しません。