Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

Oracle Data Safeコンソールにサインイン

ユーザーには、Oracle Data Safeにサインインするために、Oracle Cloud Infrastructure Identity and Access Management (IAM)での特別な権限は必要ありません。 ただし、ネイティブOracle Cloud Infrastructureユーザーである必要がありますが、フェデレーテッド・ユーザーではありません。

Oracle Data Safeコンソールにサインインするには:

  1. サポートされているブラウザを開き、Oracle Cloud Infrastructureコンソールにサインインします。
  2. Oracle Data Safeが有効な適切なリージョンを選択します。
    機密データ・モデル、マスキング・ポリシー、登録されているターゲット・データベースなどのOracle Data Safeリソースは、リージョンに固有です。 このため、必要なリソースが含まれるリージョンでOracle Data Safeを選択してください。
  3. ナビゲーション・メニューから「データ・セーフ」を選択します。
  4. 「サービス・コンソール」をクリックします。
    サインインページが表示されます。
  5. ネイティブのOracle Cloud Infrastructure資格証明を入力し、「サインイン」をクリックします。
    Oracle Data SafeHomeページが表示されます。
  6. (オプション)ブラウザで、Oracle Data SafeコンソールのURLにブックマークを付けます。