Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

ターゲット・データベースでの監査収集の開始および停止

監査証跡を開始した後は、データを損失することなく監査データ収集を複数回停止し、開始できます。 監査証跡は、開始すると、収集を停止した最後のポイントからの収集を再開します。

1つ以上のターゲット・データベースの監査データ収集を開始または停止するには:
  1. 「ターゲット」タブをクリックします。
  2. 左側の「監査証跡」をクリックします。
  3. 変更する監査証跡のチェック・ボックスを選択し、「起動」または停止ボタンをクリックします。
    収集の状態列には、各監査証跡のステータスが表示されます。