Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

Substring

用途

部分文字列マスキング・フォーマットでは、元の列値の一部を抽出し、それを使用して元の値を置き換えます。 このマスキング・フォーマットは、SUBSTRデータベース機能に類似しています。

入力

  • 開始位置:部分文字列の抽出元の文字列における開始位置。 開始位置には正の整数または負の整数を設定できます。 開始位置が負数の場合は、文字列の末尾からカウントが開始されます。
  • 長さ:部分文字列に含める文字数。 整数にして、ゼロより大きい値を指定する必要があります。

サポートされるデータ型

  • 文字

説明

  • 組合せ可能: はい
  • Deterministic: はい
  • 逆仕訳不可: いいえ
  • 一意性: いいえ

元の列値がabcdであるとします。 開始位置が2で長さが3の部分文字列は、マスクされたbcdの文字列を生成します。 開始位置が-2で長さが3の部分文字列は、マスクされた文字列cdを生成します。