Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

サポートされるデータ型

次の情報は、基本的なマスキング・フォーマットにのみ適用されます。

文字データ型

次の文字タイプでは、行の削除、確定の暗号化、確定置換、固定文字列、グループのシャッフル、Null値、グループのシャッフル、割当て関数、元のデータを保持、ランダム10進数、ランダム10進数、ランダム置換、ランダム文字列、ランダム置換、ランダム置換、正規表現、SQL式、部分文字列、データの切捨ておよびユーザー定義関数マスキング・フォーマットを使用できます:

  • CHAR
  • NCHAR
  • VARCHAR2
  • NVARCHAR2

数値データ型

次の数値タイプは、行の削除、確定暗号化、確定置換、固定数値、グループShuffle、Null値、後処理関数、元のデータを保持、ランダム小数、ランダム10進数、ランダム数値、ランダム置換、ランダム置換、正規表現、フル、SQL式、データの切捨ておよびユーザー定義関数マスキング・フォーマットを使用できます:

  • NUMBER
  • FLOAT
  • RAW
  • BINARY_FLOAT
  • BINARY_DOUBLE

日付データ型

次の日付タイプでは、行の削除、確定的暗号化、確定置換、グループShuffle、Null値、後処理関数、元のデータを保持、ランダム日付、ランダム置換、ランダム置換、ランダム置換、シャッフル、SQL式、データの切捨ておよびユーザー定義関数の各マスキング・フォーマットを使用できます:

  • DATE
  • TIMESTAMP

ラージ・オブジェクト(LOB)・データ型

次のLOBデータ型には、固定数値、固定文字列、null値、正規表現およびSQL式のマスキング・フォーマットを使用できます:

  • BLOB
  • CLOB
  • NCLOB

サポートされないオブジェクト

Oracle Data Safeでは、次のマスキングはサポートされていません:

  • 外部表
  • クラスタ表
  • キュー表
  • 長い列
  • XMLタイプの列
  • 仮想列