Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

サポートされているターゲット・データベース

ターゲット・データベースは、Oracle Data Safeに登録されたOracleデータベースです。 同じテナンシにあるOracle Data Safeにターゲット・データベースを登録できます。 クロス・テナンシ登録はサポートされていません。

次の表に、Oracle Data Safeで登録できるOracleのデータベースおよびバージョンを示します:

Oracle Cloud Database バージョン

Autonomous Data Warehouse (serverless)

最新バージョン

Autonomous Transaction Processing (serverless)

最新バージョン

ベア・メタルDBシステム(Standard Editionはサポートされていません)

12.2.0.1, 18.0.0.0

仮想マシンDBシステム(Standard Editionはサポートされていません)

12.2.0.1, 18.0.0.0, 19.0.0.0

Oracle Data Safeはサーバーレス・デプロイメントをサポートしていますが、専用デプロイメントはサポートしていません。 サーバーレス・デプロイメントでは、Oracleがインフラストラクチャ・デプロイメントおよび管理タスクを処理する一方で、Autonomous Databaseのみをプロビジョニングおよび管理します。 プラガブル・データベース(PDB)を取得できますが、コンテナ・データベース(CDB)は取得できません。