Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

サポートされているターゲット・データベース

ターゲット・データベースは、Oracle Data Safeに登録されたOracleデータベースです。

次の表に、Oracle Data Safeで登録できるOracleのデータベースおよびバージョンを示します:

Oracle Cloud Database バージョン

Autonomous Data Warehouse (serverless)

最新バージョン

Autonomous Transaction Processing (serverless)

最新バージョン

ベア・メタルDBシステム(Standard Editionはサポートされていません)

12.2.0.1, 18.0.0.0

Exadata DBシステム

12.2.0.1, 18.0.0.0, 19.0.0.0

仮想マシンDBシステム(Standard Editionはサポートされていません)

12.2.0.1, 18.0.0.0, 19.0.0.0

Oracle Data Safeはサーバーレス・デプロイメントをサポートしていますが、専用デプロイメントはサポートしていません。 サーバーレス・デプロイメントでは、Oracleがインフラストラクチャ・デプロイメントおよび管理タスクを処理する一方で、Autonomous Databaseのみをプロビジョニングおよび管理します。 プラガブル・データベース(PDB)を取得できますが、コンテナ・データベース(CDB)は取得できません。