Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

マスキング・ポリシーのアップロード

データ検出ウィザードを使用して、ファイルベースのマスキング・ポリシー(XMLファイル)をアップロードできます。

マスキング・ポリシーをアップロードするには:
  1. 左ペインで、「データ・マスキング」をクリックして、データ・マスキング・ウィザードを起動します。
  2. 「データ・マスキングのターゲットの選択」ページでマスキングするターゲット・データベースを選択し、続行をクリックします。
    選択できるターゲット・データベースは1つのみです。
    ターゲット・データベースが表示されていない場合は、登録をクリックしてステップに従ってターゲット・データベースを登録します。
    マスキング・ポリシーの選択ページが表示されます。
  3. 「マスキング・ポリシー」の場合は、アップロード(ファイルにSDMが含まれています)またはアップロード(マスキング・ポリシーおよびSDMの個別のファイル)を選択します。
  4. マスキング・ポリシーおよびSDM (必要な場合)に対して「ファイルの選択」をクリックし、必要なXMLファイルを選択して、開くをクリックします。
  5. デフォルトのマスキング・ポリシーおよびSDM名はそのままにするか、新しい名前を入力します。
    これらの名前はライブラリに表示されます。
  6. 新しいマスキング・ポリシーおよびSDMが属するリソース・グループを選択します。
  7. 「続行」をクリックします。
    マスキング・ポリシーおよびSDMがライブラリにアップロードされ、SDMが選択したターゲット・データベースに対して検証されます。 データ・モデル検証結果ページが表示されます。
  8. SDMと選択したターゲット・データベースとの差異を確認して、「続行」をクリックします。
  9. SDMに含めない機密列の選択を解除し、「レポート」をクリックします。
  10. レポートを確認し、「続行」をクリックします。
    マスキング・ポリシーページが表示されます。
  11. 「終了」をクリックします。
  12. マスキング・ポリシーがライブラリで使用可能であることを確認するには、次を実行します:
    1. 「ライブラリ」タブをクリックします。
    2. 「マスキング・ポリシー」をクリックします。
      アクセス権のあるマスキング・ポリシーのリストが表示されます。
    3. マスキング・ポリシーがリストされていることを確認します。