Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

機密データ・モデルのアップロード

データ検出ウィザードを使用して、ファイルベースの機密データ・モデル(SDM)をアップロードできます。 ファイルはXML形式であることが必要です。 インポート時には、SDMの検証対象となるターゲット・データベースを選択します。

  1. データ検出ウィザードを開くには、Homeタブをクリックしてから、データ検出をクリックします。
  2. ファイルベースのSDMを検証するターゲット・データベースを選択し、「続行」をクリックします。
  3. 機密データ・モデルの選択ページで、次のようにします:
    1. 「アップロード」を選択します。
    2. SDMの名前を入力するか、デフォルト名のままにします。
      データ検出ウィザードでは、指定した名前でライブラリにSDMが作成されます。
    3. 「ファイルの選択」をクリックし、SDMが含まれるXMLファイルを選択してから、開くをクリックします。
    4. 「続行」をクリックします。
      ウィザードでは、ターゲット・データベース内の機密列およびスキーマを検証します。
  4. は検証ジョブが終了するまで待機してから、ステータスと詳細を確認します。 続行をクリックします。
  5. ターゲット・データベースとインポートされたSDMの間の差異(ある場合)を確認します。
  6. 「終了」をクリックします。