Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

ユーザー・アクティビティ監査ポリシー

ユーザー・アクティビティ監査ポリシーは、機密データへのアクセス権があるユーザーまたは監視中のユーザーに、すべてのアクティビティを追跡します。 これらのユーザーは、非管理者権限を持つユーザーの場合があります。 インタフェースでこのポリシーを有効にする場合は、監査対象のOracle以外の保持ユーザーを指定する必要があります。

次の監査ポリシーがクラウド・データベース・ターゲットにプロビジョニングされます:

CREATE AUDIT POLICY ORA_ADS$_USER_ACTIVITY ACTIONS ALL
WHEN 'SYS_CONTEXT(''USERENV'', ''CURRENT_USER'') NOT IN (''DIP'',''WMSYS'',''XDB'',''ORDDATA'',''OLAPSYS'',''MDSYS'',''ORDPLUGINS'',''GSMADMIN_INTERNAL'',''SI_INFORMTN_SCHEMA'',''ANONYMOUS'',''GGSYS'',''DBSFWUSER'',''APPQOSSYS'',''DBSNMP'',''GSMUSER'',''SYSDG'',''SYS$UMF'',''ORACLE_OCM'',''OUTLN'',''SYSKM'',''SYS'',''SYSTEM'',''XS$NULL'',''GSMCATUSER'',''MDDATA'',''SYSBACKUP'',''REMOTE_SCHEDULER_AGENT'',''SYSRAC'',''CTXSYS'',''DVF'',''OJVMSYS'',''DVSYS'',''AUDSYS'',''ORDSYS'',''LBACSYS'')' EVALUATE PER STATEMENT;

AUDIT POLICY ORA_ADS$_USER_ACTIVITY BY <comma-separated non-Oracle maintained user list>