Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

ユーザー評価レポート

ユーザー評価ジョブは、ターゲット・データベースにリスクを与えるユーザーの特定に役立つレポートを生成します。

ユーザー評価レポートには、ターゲット・データベース内の各ユーザーに関する次の情報が表示されます:

  • ユーザー・アカウント名
  • ターゲット・データベース名
  • ユーザー・タイプ: 管理、アプリケーション、特権、スキーマ、または非特権。 次の管理権限の1つ以上を持つユーザーは、管理ユーザーとして分類されます: SYSDBASYSOPERSYSASMSYSBACKUPSYSDGまたはSYSKM 特権ユーザーとは、そのユーザーを高リスクまたは非常に高リスクとして分類するシステム権限およびオブジェクト権限が付与されるユーザーです。
  • ユーザーがDBA、DV管理または監査管理者ロールを持っているかどうか
  • リスク・レベル: 低、中、高および非常に高
  • ステータス: OPEN、LOCKEDまたはEXPIRED & LOCKED
  • ユーザーがターゲット・データベースに前回ログインした日時。
  • ユーザーが作成されてからの期間(たとえば、4か月前)
  • ユーザーが使用する認証メソッド(PASSWORDやNONEなど)
  • ユーザーで使用されるパスワード・プロファイル(DEFAULTなど)
  • ユーザー・パスワードが最後に変更された日時
  • ユーザー監査レコードへのリンク