Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

機密データ・モデルの検証

検証は、機密データ・モデルの精度の維持に役立ちます。 ターゲット・データベースに対して機密データ・モデルを検証すると、Oracle Data Safeでは、データベースに存在しない機密データ・モデルの機密列がレポートされます。 Oracle Data Safeでは、新しい参照関係もレポートされます。 ライブラリの機密データ・モデルは、登録されている任意のターゲット・データベースに対して検証できます。 検証機能は、ライブラリの「機密データ・モデル」ページ、データ検出ウィザードおよびデータ・マスキング・ウィザードで使用できます。

「機密データ・モデル」ページからターゲット・データベースに対する機密データ・モデルを検証するには:
  1. 「ライブラリ」タブをクリックします。
  2. 「機密データ・モデル」をクリックします。
  3. 確認するSDMのチェック・ボックスを選択します。
  4. 「ターゲットに対する検証」をクリックします。
    データ・モデル検証のターゲットの選択ページが表示されます。
  5. SDMを検証するターゲット・データベースを選択し、「続行」をクリックします。
    ターゲット・データベースが表示されていない場合は、登録をクリックしてターゲット・データベースを登録します。
    検証ジョブが開始されました。 ジョブが完了すると、FINISHEDステータスが表示されます。
  6. ジョブが成功した場合は、「続行」をクリックします。それ以外の場合は、戻るをクリックして選択内容を変更し、検証を再試行します。
  7. 「データ・モデル検証結果」ページで、SDMとターゲット・データベース(存在する場合)間のスキーマおよび列の差異を確認します。
  8. 「続行」をクリックします。
  9. SDMの機密列を確認します。
  10. (オプション) SDMから機密列を追加または削除します。
    SDMに機密列を追加するには、追加をクリックします。
    SDMから機密列を削除するには、機密カテゴリ、機密タイプおよび個々の機密列を選択解除します。
  11. (オプション)「レポート」をクリックして、SDMのレポートを表示します。
  12. 「終了」をクリックし、検証プロセスを終了します。