Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

Oracle Data Safeサービスのホワイトリスト要件

ターゲット・データベースの登録前に、データベース管理者が、Oracle Data Safeサービスが有効なリージョンに対して、Oracle Data Safeネットワーク・アドレス変換(NAT)ゲートウェイのIPアドレスをホワイトリストに記載する必要がある場合があります。 ホワイトリストの作成により、Oracle Data Safeでターゲット・データベースに接続できます。

IPアドレスをホワイトリストに記載する方法およびどうかは、登録するターゲット・データベースのタイプによって異なります:

  • DBシステムの場合、管理者は、Oracle Data Safeが有効になっているリージョンに対応しているOracle Data Safe NATゲートウェイIPアドレスを使用して、イングレス・セキュリティ・ルールを仮想クラウド・ネットワーク(VCN)に追加できます。 セキュリティ・リストを作成してイングレス・セキュリティ・ルールを追加するには、「セキュリティ・リスト」を参照してください。
  • ネットワーク・アクセス制御リスト(ACL)を使用するAutonomous Database (サーバーレス)の場合、管理者はOracle Data Safe NATゲートウェイIPアドレスをACLに追加できます。 「Autonomous Data Warehouseでのアクセス制御リストの設定」も参照してください。
  • ネットワークACLを使用しないAutonomous Database (サーバーレス)の場合、管理者は何もする必要がありません。

次の表に、Oracle Cloud Infrastructureのリージョンに対するOracle Data Safe NATゲートウェイのIPアドレスを示します。

リージョン名 リージョン識別子 IPアドレス
オーストラリア東部(シドニー) ap-sydney-1 192.29.144.137
ブラジル東部(サンパウロ) sa-saopaulo-1 192.29.128.12
カナダ南東部(トロント) ca-toronto-1 192.29.11.175
ドイツ中央部(フランクフルト) eu-frankfurt-1 138.1.2.134
インド西部(ムンバイ) ap-mumbai-1 192.29.50.43
日本東部(東京) ap-tokyo-1 192.29.39.149
大韓民国中部(ソウル) ap-seoul-1 192.29.21.43
スイス北部(チューリッヒ) eu-zurich-1 192.29.56.254
英国南部(ロンドン) uk-london-1 147.154.236.187
米国東部(アッシュバーン) us-ashburn-1 147.154.0.253
米国西部(フェニックス) us-phoenix-1 147.154.108.200