Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

DB Systemの登録のワークフロー

Oracle Data SafeでDB Systemを登録するワークフローには、次の主なステップがあります:

  1. Oracle Cloud InfrastructureおよびOracle Data Safeで必要な権限を取得してデータベースを登録します。
  2. Oracle Data Safeネットワーク・アドレス変換(NAT)ゲートウェイからのトラフィックを有効にします。
  3. Oracle Data Safe専用のデータベースにサービス・アカウントを作成します。
  4. データベースに対してSQL権限スクリプトを実行し、初期ロールをOracle Data Safeサービス・アカウントに付与します。 ロールによって、DBシステムで使用可能なOracle Data Safe機能が決定します。
  5. TLS接続を介してデータベースに接続する予定の場合は、必要な証明書またはウォレット(あるいはその両方)を作成します。
  6. Oracle Data Safeコンソールからデータベースを登録します。 Oracle Data Safeコンソールでは、データベースはターゲット・データベースと呼ばれます。
  7. Oracle Data Safeコンソールでターゲット・データベースを管理します。
    • 必要に応じて、ターゲット・データベースの詳細を更新するか、Oracle Data Safeコンソールでターゲット・データベースを削除します。 ターゲット・データベースでOracle Data Safeのパスワードを定期的にローテーションする場合は、Oracle Data Safeターゲットタブでもパスワードを更新する必要があります。
    • 必要に応じて、Oracle Data Safeサービス・アカウントに対してロールを付与または取り消すSQL権限スクリプトを実行します。