Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

ターゲット・データベースの登録のワークフロー

Oracle Data Safeでターゲット・データベースを登録するワークフローには、次の主なステップが含まれます:

  1. Oracle Cloud InfrastructureおよびOracle Data Safeで必要な権限を取得してデータベースを登録します。
  2. Oracle Data Safe専用のデータベースにユーザー・アカウントを作成し、そのデータベースに対してSQL権限スクリプトを実行します。
    • このスクリプトにより、データ検出、データ・マスキング、ユーザー評価、セキュリティ評価またはアクティビティ監査機能にアクセスするために必要な権限がデータベースに付与されます。
    • 「SQL権限スクリプトの実行」も参照してください。
  3. TLS接続を介してデータベースに接続する予定の場合は、必要な証明書またはウォレット(あるいはその両方)を取得または作成します。
  4. Oracle Data Safeコンソールでデータベースを登録します。 Oracle Data Safeコンソールでは、データベースはターゲット・データベースと呼ばれます。
  5. Oracle Data Safeコンソールでターゲット・データベースを管理します。
    • 必要に応じて、ターゲット・データベースの詳細を更新するか、Oracle Data Safeコンソールでターゲット・データベースを削除します。 ターゲット・データベースでOracle Data Safeのパスワードを定期的にローテーションする場合は、Oracle Data Safeターゲットタブでもパスワードを更新する必要があります。
    • 「ターゲット・データベースの管理」も参照してください。