Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

Exadata DBシステムのベスト・プラクティス

Oracleでは、Exadata DBシステムの管理性を保証するために、次のベスト・プラクティス・ガイドラインに従うことをお薦めします:

  • 可能な場所には、Oracle Cloud Infrastructure コンソール、APIまたはCLIなどのOracle提供のクラウド・インタフェースまたはdbaasclidbaasapiなどのクラウド固有のツールを使用して、Exadata DBシステムでライフサイクル管理および管理操作を実行します。 たとえば、exadbcpatchmultiコマンドを使用して、手動でopatchを実行するのではなく、Oracle Databaseパッチを適用します。 また、コンソールおよびコマンドライン・ユーティリティを使用して操作を実行できる場合、Oracleはコンソールの使用を推奨します。 たとえば、dbaasapiを使用するかわりにコンソールを使用して、データベースを作成します。
  • コンピュート・ノードのOSユーザーを変更したり、Exadata DBシステムに関連付けられているSSHキー設定を手動で操作しないでください。
  • 「データベース」サービスで利用できるonlyパッチを適用します。 Oracle Supportによって指示されないかぎり、他のソースからのパッチを適用しないでください。
  • 可能な場合は四半期ごとに、四半期ごとのパッチを定期的に適用します。
  • Oracle Net Listenerのポートは変更しないでください。