Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

「データベース」メトリック

メトリック、アラームおよび「通知」を使用して、Oracle Cloud Infrastructure 「データベース」サービス・リソースのヘルス、容量およびパフォーマンスを監視できます。 詳細は、「Monitoringの概要」および「通知の概要」を参照してください。

ノート

「データベース」メトリックは、サーバーレス・デプロイメントのAutonomous Databaseに対してのみ現在使用可能です。

このトピックでは、oci_autonomous_databaseネームスペース内の「データベース」サービスによって生成されたメトリックについて説明します。

リソース: Autonomous Databases。

Autonomous Databaseメトリックの概要

「データベース」のサービス・メトリックを使用すると、CPUとストレージの使用率、データベースへのログオンおよび接続試行の成功数や失敗数、データベース操作、SQL問合せ、トランザクションなど、Autonomous Databaseに関する有用な数量データを測定できます。 メトリック・データを使用すると、Autonomous Databaseの問題を診断してトラブルシューティングできます。 Autonomous Databaseで使用可能なメトリックの完全なリストは、「使用可能なメトリック: oci_autonomous_database」を参照してください。

コンソールのメトリック・チャートのデフォルト・セットを表示するには、対象となるAutonomous Databaseに移動し、「メトリック」をクリックします。 「モニタリング」サービスを使用して、「カスタム問合せ」を作成することもできます。

前提条件

IAMポリシー: リソースをモニターするには、管理者が作成したポリシーで、コンソールまたはSDK、CLIまたはその他のツールを使用してREST APIを使用しているかどうかにかかわらず、必要なタイプのアクセスを付与する必要があります。 ポリシーによって、モニター・サービスおよびモニターされているリソースにアクセスできるようにする必要があります。 アクションを実行しようとしたときに、権限のないメッセージや権限のないメッセージを取得する場合は、管理者に付与されているアクセスのタイプと作業するコンパートメントを確認してください。 モニター用のユーザー承認の詳細は、関連サービスの認証と認可のセクションを参照してください: モニタリングまたは通知

使用可能なメトリック: oci_autonomous_database

次の表に示すメトリックは、作成するAutonomous Databaseで自動的に使用可能になります。 これらのメトリックを取得するために、リソースでモニターを有効にする必要はありません。

Autonomous Databasesの「データベース」サービス・メトリックには、次のディメンションがあります:

AutonomousDBType
Autonomous Database、Autonomous Data Warehouse (ADW)またはAutonomous Transaction Processing (ATP)のタイプ。
displayName
Autonomous Databaseのわかりやすい名前。
リージョン
Autonomous Databaseが存在するリージョン。
resourceId
Autonomous DatabaseのOCID。
resourceName
Autonomous Databaseの名前。

次の表では、アスタリスク(*)でマークされているメトリックは、Oracle Cloud Infrastructure コンソール「サービス・メトリック」ページでのみ表示できます。

メトリック メトリック表示名 単位 説明 ディメンション
CurrentLogons* 現在のログオン 件数 選択した間隔中に成功したログオン数。

AutonomousDBType

displayName

region

resourceId

resourceName

CpuUtilization CPU使用率 percent すべてのコンシューマ・グループをまたいで集計した割合で表されたCPU使用率。 使用率は、データベースで使用可能なCPUの数(OCPUの数の2倍)に関してレポートされます。
ExecuteCount 実行数 件数 選択した間隔中にSQL文を実行したユーザー・コールおよび再帰コールの数。
FailedConnections* 失敗した接続 件数 失敗したデータベース接続数。
FailedLogons 失敗したログオン 件数 選択した間隔中に、ユーザー名またはパスワード(あるいはその両方)が無効なため失敗したログオン数
ParseCount* 解析数(合計) 件数 選択した間隔中のハード解析とソフト解析の数。
QueuedStatements キュー済のステートメント 件数 選択した間隔中に、すべてのコンシューマ・グループ間で集計したキュー済SQL文の数。
RunningStatements 実行中の文 件数 選択した間隔中に、すべてのコンシューマ・グループ間で集計した実行中のSQL文の数。
Sessions セッション 件数 データベース内のセッション数。
StorageUtilization 記憶域の使用状況 percent 現在使用中のプロビジョニングされたストレージ容量の割合。 すべての表領域の割当て済領域の合計を表します。
TransactionCount* トランザクション件数 件数 選択した間隔中のユーザー・コミットとユーザー・ロールバックを合せた数。
UserCalls* ユーザー・コール 件数 選択した間隔中のログオン、解析および実行コールを合せた数。

コンソールの使用

単一のAutonomous Databaseのデフォルトのメトリック・チャートを表示するには
複数のAutonomous Databasesのデフォルト・メトリック・チャートを表示するには

APIの使用

APIおよび署名リクエストの使用については、REST APIおよび「セキュリティ資格証明」を参照してください。 SDKの詳細は、「ソフトウェア開発キットとコマンドライン・インタフェース」を参照してください。

モニタリングには次のAPIを使用します: