Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

Autonomous Databaseの管理

このトピックでは、Oracle Cloud Infrastructure コンソールまたはAPIを使用して完了するAutonomous Databaseのインフラストラクチャ管理タスクについて説明します。 ここでは説明されていない一部のデータベース管理タスクは、Autonomous Transaction Processingサービス・コンソール」またはAutonomous Data Warehouseサービス・コンソール」を使用して実行されます。

前提条件

このトピックで管理タスクを実行するには、ユーザーがコンソールを使用しているか、またはSDK、CLIまたはその他のツールを使用してREST APIを使用しているかにかかわらず、管理者が記述したポリシーで必要なタイプのアクセス権が付与されている必要があります。 アクションを実行しようとしたときに、権限のないメッセージや権限のないメッセージを取得する場合は、管理者に付与されているアクセスのタイプと作業するコンパートメントを確認してください。 Oracle Cloud Infrastructure Databaseサービスのユーザー承認の詳細は、「認証と認可」を参照してください。 Autonomous Databaseの標本ポリシーについては、「データベース管理者によるAutonomous Databasesの管理」を参照してください。 ポリシー構文の詳細は、「Databaseサービスの詳細」を参照してください。

Oracle Cloud Infrastructure コンソールの使用

Oracle Cloud Infrastructure コンソールAutonomous Databaseの基本的な管理タスク(データベースの停止、開始、スケール変更など)を実行できます。 また、コンソールを使用して、「バックアップ」を結合したり、データベースをrestoreにしたりすることもできます。

管理者パスワードを設定するには
Autonomous DatabaseのCPUコア数またはストレージをスケーリングするには
Autonomous Databaseを停止または起動するには
Autonomous Databaseを終了するには
Autonomous Databaseのライフサイクル状態を確認するには
Autonomous Databaseのタグを管理するには
Autonomous Databaseサービス・コンソールにアクセスするには

APIの使用

APIおよび署名リクエストの使用については、REST APIおよび「セキュリティ資格証明」を参照してください。 SDKの詳細は、「ソフトウェア開発キットとコマンドライン・インタフェース」を参照してください。

次のAPI操作を使用して、Autonomous Databaseを管理します:

非表示のx-refでコンテンツをリンクしています。 削除しないでください。 「このトピックは移動しました。ブックマークを更新してください。」

非表示のx-refでコンテンツをリンクしています。 削除しないでください。 「このトピックは移動しました。ブックマークを更新してください。」