Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

Autonomous Exadata Infrastructureリソースの管理

このトピックでは、Oracle Cloud Infrastructure コンソールまたはAPIを使用して完了するAutonomous DatabaseのAutonomous Exadata Infrastructure管理タスクについて説明します。 Autonomous Exadata Infrastructureリソースは、専用デプロイメントのAutonomous Databaseで使用されます。 専用デプロイメント・オプションの概要は、「Autonomous Databaseの専用デプロイメントの概要」を参照してください。

    ノート

    このトピックは、サーバーレス・デプロイメント・オプションを使用したAutonomous Databaseには適用されません。

Oracle Cloud Infrastructure コンソールの使用

Oracle Cloud InfrastructureのAutonomous Exadata Infrastructureリソースでは、次の管理操作を実行できます:

  • 自動メンテナンス・スケジュールの構成

  • 次のスケジュール済メンテナンス日およびメンテナンス履歴の表示
  • 自律型Exadataインフラストラクチャのエンドポイントのコピー
  • Autonomous Exadata Infrastructureリソースの終了

ヒント

Oracleでは、Autonomous Exadata InfrastructureリソースおよびAutonomous Container Databasesで許容できるメンテナンス時間を定義することをお薦めします。
これを行うと、通常のデータベース操作を中断する可能性があるメンテナンスの実行が常に回避されます。

Autonomous Exadata Infrastructureリソースの自動メンテナンス・スケジュールを構成するには:
Autonomous Exadata Infrastructureリソースの次回のスケジュール済メンテナンスを表示するには
Autonomous Exadata Infrastructureリソースのメンテナンス履歴を表示するには
Autonomous Exadata Infrastructureエンドポイントを表示またはコピーするには
Autonomous Exadata Infrastructureリソースのネットワーク・セキュリティ・グループ(NSG)を編集するには
Autonomous Exadata Infrastructureリソースを別のコンパートメントに移動するには
Autonomous Exadata Infrastructureリソースを終了するには

APIの使用

APIおよび署名リクエストの使用については、REST APIおよび「セキュリティ資格証明」を参照してください。 SDKの詳細は、「ソフトウェア開発キットとコマンドライン・インタフェース」を参照してください。

UpdateAutonomousExadataInfrastructure API操作を使用して、インフラストラクチャ・リソースの自動メンテナンス・スケジュールを構成します。

GetMaintenanceRun APIを使用して、スケジュール済、進行中または終了したメンテナンス実行の詳細を表示します。

指定したコンパートメントのメンテナンス実行のリストを取得するには、ListMaintenanceRun APIを使用します。

Autonomous Exadata Infrastructureリソースを別のコンパートメントに移動するには、ChangeAutonomousExadataInfrastructureCompartment API操作を使用します。

Autonomous Exadata Infrastructureリソースを削除するには、TerminateAutonomousExadataInfrastructure API操作を使用します。

詳細情報

「自律型Exadataインフラストラクチャ・リソースの作成と管理」 (フリート管理者ガイドfor Oracle Autonomous Transaction Processing専用デプロイメント)