Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

Autonomous Databaseのリストア

このトピックでは、バックアップからAutonomous Databaseをリストアする方法について説明します。 このタスクを実行するには、Oracle Cloud Infrastructure コンソールまたはAPIを使用します。

既存の任意の手動バックアップまたは自動バックアップを使用してデータベースをリストアしたり、自動バックアップの60-day保存期間内の任意の時点にデータベースをリストアおよびリカバリすることができます。 point-in-timeリストアの場合は、タイムスタンプを指定し、Autonomous Databaseにより、最も高速なリストアに使用するバックアップが決定されます。

ノート

Autonomous Databaseをリストアすると、リストア操作中にデータベースが使用不可状態になります。
その状態のデータベースに接続することはできません。 使用不可状態でサポートされているライフサイクル管理操作のみが終了しています。

前提条件

Autonomous Databaseをリストアするには、管理者が作成したポリシーで、コンソールまたはSDK、CLIまたはその他のツールを使用してREST APIを使用しているかどうかにかかわらず、必要なタイプのアクセスを付与する必要があります。 アクションを実行しようとしたときに、権限のないメッセージや権限のないメッセージを取得する場合は、管理者に付与されているアクセスのタイプと作業するコンパートメントを確認してください。 Oracle Cloud Infrastructure データベース・サービスのユーザー承認の詳細は、「認証と認可」を参照してください。 Autonomous Databaseの標本ポリシーについては、「データベースおよびフリート管理者がAutonomous Databasesを管理できるようにします。」を参照してください。 ポリシー構文の詳細は、「データベース・サービスの詳細」を参照してください。

Oracle Cloud Infrastructure コンソールの使用

バックアップからAutonomous Databaseをリストアするには
point-in-timeリストアを使用してAutonomous Databaseをリストアするには

APIの使用

RestoreAutonomous Database API操作を使用して、バックアップからAutonomous Databaseをリストアします。

APIおよび署名リクエストの使用については、REST APIおよび「セキュリティ資格証明」を参照してください。 SDKの詳細は、「ソフトウェア開発キットとコマンドライン・インタフェース」を参照してください。

非表示のx-refでコンテンツをリンクしています。 削除しないでください。 「このトピックは移動しました。ブックマークを更新してください。」

非表示のx-refでコンテンツをリンクしています。 削除しないでください。 「このトピックは移動しました。ブックマークを更新してください。」