Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

データベースCLIを使用したローカル・ストレージへのバックアップ

ノート

このトピックは、ローカル・ストレージがないため、仮想マシンのDBシステムには適用されません。 Exadata DBシステムの場合は、「ExadataのバックアップDatabase」を参照してください。

このトピックでは、データベースCLI (dbcli)を使用して、ベアメタルDBシステム上のローカル高速リカバリ領域にバックアップする方法について説明します。 いくつかのサンプルdbcliコマンドを以下に示します。 完全なコマンド構文については、「Oracle Database CLIリファレンス」を参照してください。

ノート

ローカル・ストレージへのバックアップは高速で、迅速なポイント・イン・タイム・リカバリを提供しますが、DBシステムが使用できなくなるとバックアップも使用できなくなります。 より耐久性のあるバックアップ先については、「Databaseのバックアップ」を参照してください。

ローカル・ストレージへのデータベースのバックアップ

dbcliコマンドを使用してバックアップ構成を作成し、バックアップ構成をデータベースに関連付け、バックアップ操作を開始して、バックアップ・ジョブを確認します。

  1. DBシステムへのSSH。

    ssh -i <private_key_path> opc@<db_system_ip_address> 
  2. opcとしてログインし、rootユーザーにsudoします。 ハイフンでsudo su -を使用してルート・ユーザー・プロファイルを呼び出すと、PATHがdbcliディレクトリ(/opt/oracle/dcs/bin)に設定されます。

    login as: opc
    			
    [opc@dbsys ~]$ sudo su - 
  3. dbcli update-backupconfigコマンドを使用してバックアップ構成を作成し、ローカル・ディスク・ストレージをバックアップ先として指定します。

    次の例では、prodbackupという名前のバックアップ構成を作成し、ディスクのバックアップ先とディスク・リカバリ・ウィンドウを5に指定します(バックアップとアーカイブREDOログはローカル・ストレージに5日間維持されます)。

    [root@dbsys ~]# dbcli create-backupconfig --name prodbackup --backupdestination disk  --recoverywindow 5
    {
      "jobId" : "e7050756-0d83-48ce-9336-86592be59827",
      "status" : "Success",
      "message" : null,
      "reports" : [ {
        "taskId" : "TaskParallel_471",
        "taskName" : "persisting backup config metadata",
        "taskResult" : "Success",
        "startTime" : 1467774813141,
        "endTime" : 1467774813207,
        "status" : "Success",
        "taskDescription" : null,
        "parentTaskId" : "TaskSequential_467",
        "jobId" : "e7050756-0d83-48ce-9336-86592be59827",
        "reportLevel" : "Info",
        "updatedTime" : 1467774813207
      } ],
      "createTimestamp" : 1467774781851,
      "description" : "create backup config:prodbackup",
      "updatedTime" : 1467774813236
    }

    上記の例では、デモンストレーションの目的で完全なパラメータ名を使用していますが、パラメータを次のように省略することができます:

    dbcli create-backupconfig -n prodbackup -d disk  -w 5
  4. dbcli list-databasesコマンドを使用して、バックアップするデータベースのIDを取得します。

    [root@dbsys ~]# dbcli list-databases
    
    ID                                       DB Name    DB Version CDB        Class    Shape    Storage    Status
    ---------------------------------------- ---------- ---------- ---------- -------- -------- ---------- ----------
    71ec8335-113a-46e3-b81f-235f4d1b6fde     prod       12.1.0.2   true       OLTP     odb1     ACFS       Configured
  5. dbcli list-backupconfigsコマンドを使用してバックアップ構成のIDを取得します。

    [root@dbbackup backup]# /opt/oracle/dcs/bin/dbcli list-backupconfigs
    ID                                       Name                 DiskRecoveryWindow BackupDestination createTime
    ---------------------------------------- -------------------- ----- ------ -----------------------------------
    
    78a2a5f0-72b1-448f-bd86-cf41b30b64ee     prodbackup           5     Disk   July 6, 2016 3:13:01 AM UTC   
  6. dbcli update-databaseコマンドを使用して、バックアップ構成IDをデータベースIDに関連付けます。

    [root@dbsys ~]# dbcli update-database  --backupconfigid 78a2a5f0-72b1-448f-bd86-cf41b30b64ee --dbid 71ec8335-113a-46e3-b81f-235f4d1b6fde
    {
      "jobId" : "2b104028-a0a4-4855-b32a-b97a37f5f9c5",
      "status" : "Created",
      "message" : null,
      "reports" : [ ],
      "createTimestamp" : 1467775842977,
      "description" : "update database id:71ec8335-113a-46e3-b81f-235f4d1b6fde",
      "updatedTime" : 1467775842978
    }

    dbcli describe-jobコマンドを使用してdbcli update-databaseコマンド出力からジョブIDを指定すると、更新ジョブの詳細を表示できます。たとえば、次のようになります:

    dbcli describe-job --jobid 2b104028-a0a4-4855-b32a-b97a37f5f9c5
  7. dbcli create-backupコマンドを使用してデータベースのバックアップを開始します。 バックアップ操作は直ちに実行されます。

    次の例では、指定されたデータベースのバックアップを作成します。

    [root@dbsys ~]# dbcli create-backup --dbid 71ec8335-113a-46e3-b81f-235f4d1b6fde
    {
        "createTimestamp": 1467792576854,
        "description": "Backup service creation with db name: prod",
        "jobId": "d6c9edaa-fc80-40a9-bcdd-056430cdc56c",
        "message": null,
        "reports": [],
        "status": "Created",
        "updatedTime": 1467792576855
    }

    または、次のようにコマンド・パラメータを省略することもできます:

    dbcli create-backup -i 71ec8335-113a-46e3-b81f-235f4d1b6fde

    dbcli describe-jobコマンドを使用してdbcli create-backupコマンド出力からジョブIDを指定すると、バックアップ・ジョブの詳細を表示できます。たとえば、次のようになります:

    dbcli describe-job --jobid d6c9edaa-fc80-40a9-bcdd-056430cdc56c
    
  8. 重要! TDEパスワード・ベースのウォレットを、安全なロケーション(DBシステム上ではない)の選択に手動でバックアップします。 Walletは、バックアップを新しいホストにリストアする必要があります。

  9. 必要に応じて、バックアップ・レポートを確認することもできます。 dbcli create-rmanbackupreportコマンドを使用してレポートを作成し、次にdbcli list-rmanbackupreportsを使用してレポートIDを取得し、次にレポートIDを使用してdbcli describe-rmanbackupreportを使用してレポートのロケーションを取得します(次の例を参照)。

    [root@dbsys ~]# dbcli create-backupreport --dbid 71ec8335-113a-46e3-b81f-235f4d1b6fde --reporttype summary
    
    {
    	"jobId" : "65ce79fe-4ef4-4d7d-8020-e56a5390026d",
    	"status" : "Created",
    	"message" : null,
    	"reports" : [ ],
    	"createTimestamp" : "July 6, 2016 23:06:11 PM UTC",
    	"description" : "Creating a report for database 71ec8335-113a-46e3-b81f-235f4d1b6fde",
    	"updatedTime" : "July 6, 2016 23:06:11 PM UTC"
    }
    
    [root@dbsys ~]# dbcli list-backupreports
    
    ID                                       Name                 ReportType DbId                                     createTime                          updatedTime
    ---------------------------------------- -------------------- ---------- ---------------------------------------- ----------------------------------- -----------------------------------
    c0e0a16a-485f-4176-ab73-5b30ccf5c560                          summary    71ec8335-113a-46e3-b81f-235f4d1b6fde     July 6, 2016 11:04:05 PM UTC        July 6, 2016 11:04:17 PM UTC
    
    
    [root@dbsys ~]# dbcli describe-backupreport --id c0e0a16a-485f-4176-ab73-5b30ccf5c560
    
    Backup Report details
    ----------------------------------------------------------------
                         ID: ed67a2cf-fe63-4755-a5d6-7eda5b669837
                       Name:
                Report Type: summary
                   Location: /opt/oracle/dcs/log/LrbvevghazqOGpbatvbpMRZJeVCzaW/rman/bkup/hhUiFnBz/rman_list_backup_summary/2016-07-06/rman_list_backup_summary_2016-07-06_09-49-20.0832.log
                Database ID: 71ec8335-113a-46e3-b81f-235f4d1b6fde
                CreatedTime: July 6, 2016 3:49:12 AM UTC
                UpdatedTime: July 6, 2016 3:49:24 AM UTC

バックアップ・コマンドが完了すると、DBバックアップ・ファイルはDBシステムの高速リカバリ領域で使用できます。

次のステップ

「CLIバックアップからのDatabaseのリカバリ」を参照してください。