Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

Exadata Cloud at CustomerでのEM ExpressおよびDatabase Controlの使用

このトピックでは、Oracle Databaseのモニタリングおよび管理用のwebベース・ツールであるEnterprise Manager Database Express (EM Express)およびEnterprise Manager Database Control (Database Control)へのアクセス方法について説明します。

Enterprise Manager Database Expressへのアクセス

Enterprise Manager Database Expressは、Oracle Database 12cリリース1 (12.1)以上を使用して作成されたExadata Cloud at Customerデータベースで使用できます。

EM Expressへのアクセス方法は、CDBとPDBのどちらを管理するかによって異なります:

  • CDBを管理します。 データベースが作成されると、Exadata Cloud at CustomerはEM ExpressアクセスのポートをCDBに自動的に設定します。 手動の構成ステップを実行する必要はありません。 各データベースには、一意のポート番号が割り当てられます。 割当てでは、5500から5501、5502のように範囲内のポートが使用されます。
  • PDBを管理します。 Oracle Database 12cリリース2以上では、EM Expressを構成して、グローバル・ポートと呼ばれる単一ポート上のCDBおよびすべてのPDBにアクセスできます。 グローバル・ポートを使用すると、EM Expressを使用して、CDBのHTTPSポートを使用してCDB内のすべてのPDBに接続できます。 手動の構成ステップを実行する必要はありません。 各データベースには、一意のポート番号が割り当てられます。 割当てでは、5500から5501、5502のように範囲内のポートが使用されます。

    バージョン12.1のデータベースでは、EM Expressを使用して管理する各PDBのポートを手動で設定する必要があります。

特定のデータベースで使用されているポートを確認するには、データベース管理者としてデータベースに接続し、次の例に示す問合せを実行します:

SQL> select dbms_xdb_config.getHttpsPort() from dual;


DBMS_XDB_CONFIG.GETHTTPSPORT()
------------------------------
                          5502

EM ExpressのポートをPDBを管理するように設定する(Oracle Database 12.1のみ)

Oracle Database 12c Release 1では、EM Expressを使用して管理するルート・コンテナ(CDB)および各PDBに固有のHTTPSポートを構成する必要があります。

EM Expressを使用してPDBを管理できるようにHTTPSポートを構成するには:

  1. SQL*Plusを起動し、SYSDBA権限を持つSYSユーザーとしてPDBにログインします。
  2. DBMS_XDB_CONFIG.SETHTTPSPORTプロシージャを実行します。

    SQL> exec dbms_xdb_config.sethttpsport(port-number)

EM Expressへのアクセス

ブラウザにURLを移動して、EM Expressにアクセスすることができます:

https://node-ip-address:port/em

node-ip-addressは、EM Expressをホストするコンピュート・ノードのクライアント・ネットワークIPアドレスで、portはデータベースで使用されるEM Expressポートです。

ブラウザに、接続が保護されていない、またはプライベートではないという警告が表示された場合は、ブラウザの拡張オプションを使用して警告を無視し、続行してください。 この警告が表示されるのは、Exadata Cloud at Customerでは自己署名証明書を使用してHTTPS (セキュアHTTP)接続を提供し、そのような証明書は多くのwebブラウザによって疑わしいとみなされるためです。

Enterprise Manager 11gデータベース制御へのアクセス

Enterprise Manager 11g Database Controlは、Oracle Database 11gリリース2を使用して作成されたExadata Cloud at Customerデータベースで使用できます。 各データベースには、1158、1159、1160のように範囲内で一意のポート番号が割り当てられます。

$ORACLE_HOME/host_sid/sysman/config/emd.propertiesファイルのREPOSITORY_URLを検索すると、データベースのデータベース制御ポートを確認できます。 前述のファイル名では、hostはDatabase Controlをホストするコンピュート・ノードのホスト名で、sidはOracle Databaseシステム識別子(SID)です。

ブラウザにURLを移動して、Database Controlにアクセスすることができます:

https://node-ip-address:port/em

node-ip-addressは、Database Controlをホストするコンピュート・ノードのクライアント・ネットワークIPアドレスで、portはデータベースで使用されるDatabase Controlポートです。

ブラウザに、接続が保護されていない、またはプライベートではないという警告が表示された場合は、ブラウザの拡張オプションを使用して警告を無視し、続行してください。 この警告が表示されるのは、Exadata Cloud at Customerでは自己署名証明書を使用してHTTPS (セキュアHTTP)接続を提供し、そのような証明書は多くのwebブラウザによって疑わしいとみなされるためです。