Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

Exadata Cloud at CustomerでのExadata Storage Serversのモニタリングおよび管理

この項では、Exadata Cloud at CustomerでExaCLIユーティリティを使用して、Exadata Storage Serversでモニタリングと管理の機能を実行する方法を説明します。

ExaCLIは、Exadataコンピュート・ノードおよびストレージ・サーバー・ノード上で実行され、他のノードをリモートで管理できるコマンドライン管理ツールです。 「ExaCLIユーティリティの使用」も参照してください。

Exadata Cloud at Customerで、ExaCLIがコンピュート・ノードで構成され、Exadata Storage Serversに直接管理アクセスせずに実行される、不可欠なExadata Storage Serverのモニタリングおよび管理機能をサポートします。 ExaCLIユーティリティは、/usr/local/sbin/exacliの各Exadata Cloud at Customerコンピュート・ノードにあります。 ExaCLIユーティリティを使用するには、次のステップを実行します:

  • 実行する操作を指定するExaCLIコマンド。

    Exadata Storage Serverターゲットの場合、ExaCLIではCellCLIと同じコマンド構文がサポートされています。 「CellCLIコマンド・リファレンス」も参照してください。 ただし、Exadata Cloud at Customer上のExaCLIでサポートされているのは、特定のモニタリングおよび管理操作のセットのみです。 完全なリストは、「Exadata Cloud at CustomerでサポートされているExaCLIコマンド」を参照してください。

  • Exadata Storage Serverに接続するためのユーザー名およびパスワード。

    Exadata Cloud at Customerでの事前構成済ユーザーはcloud_user_clusternameですが、clusternameは使用されるOracle Grid Infrastructureクラスタの名前です。 任意のクラスタ・ノードでgridユーザーとして次のコマンドを実行して、Oracle Grid Infrastructureクラスタ名を確認できます:

    $ crsctl get cluster name

    cloud_user_clusternameのパスワードは最初はランダム値に設定され、任意のクラスタ・ノード上でopcユーザーとして次のコマンドを実行することで表示できます:

    $ /opt/exacloud/get_cs_data.py
  • 操作のターゲットであるExadata Storage Serverのネットワーク・アドレス。

    Exadata Cloud at Customerのコンピュート・ノード上の/etc/oracle/cell/network-config/cellip.oraファイルを調べることで、Exadata Storage ServersのIPアドレスを判別できます。

Exadata Cloud at CustomerでサポートされているExaCLIコマンド

LISTコマンドを使用すると、Exadata Cloud at CustomerでExaCLIを使用して、次のExadata Storage Serverオブジェクトの情報を表示できます:

  • activerequest
  • alertdefinition
  • alerthistory
  • セル
  • celldisk
  • database
  • flashcache
  • flashcachecontent
  • flashlog
  • griddisk
  • ibport
  • iormprofile
  • lun
  • metriccurrent
  • metricdefinition
  • metrichistory
  • offloadgroup
  • physicaldisk
  • pluggabledatabase

CREATEALTERDROPおよびLISTの各コマンドを使用すると、Exadata Cloud at CustomerでExaCLIを使用して、次のExadata Storage Serverオブジェクトに作用できます:

  • diagpack
  • iormplan
  • quarantine

Exadata Cloud at CustomerでExaCLIを使用すると、ALTER CELLコマンドを使用して次のExadata Storage Serverセル属性を変更できます:

  • dbPerfDataSuppress
  • diagHistoryDays
  • events
  • metricCollection
  • metricHistoryDays
  • offloadGroupEvents
  • securityCert
  • securityPrivKey
  • securityPrivKeyPW
  • securityPubKey
  • traceLevel