Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

Exadata DBシステムでのデータベースのモニタリング

このトピックでは、Enterprise Manager Database ExpressおよびEnterprise Manager Database Control (Oracle Databaseを管理するためのWebベースのツール)にアクセスする方法について説明します。

Enterprise ManagerデータベースExpress 12cへのアクセス

Enterprise Manager Database Express 12c (EM Express)は、Oracle Database 12c Release 1 (12.1)以降で作成されたExadata DBシステム・データベース・デプロイメントで使用できます。

EM Expressにアクセスする方法は、CDBまたはPDBを管理するかどうかによって異なります。

  • CDBを管理します。 データベースのデプロイメントが作成されると、Databaseはデプロイメントのコンピューティング・ノードにポート5500を自動的に設定して、CDBへのEM Expressアクセスを確立します。
  • PDBを管理します。 Oracle Database 12.2以降の展開では、単一のポート(グローバル・ポートと呼ばれます)がデプロイメント・コンピュート・ノードに自動的に設定されます。 グローバル・ポートを使用すると、EM Expressを使用して、CDBのHTTPSポートを使用してCDB内のすべてのPDBに接続できます。

    Oracle Database 12.1のデプロイメントでは、EM Expressを使用して管理する各PDBのデプロイメント・コンピュート・ノードに手動でポートを設定する必要があります。

CDBとPDBの両方に対して、「セキュリティ・リストの更新」で説明されているように、ポートをセキュリティ・リストに追加する必要があります。

特定のデータベースで使用されているポートを確認するには、データベース管理者としてデータベースに接続し、次の例に示す問合せを実行します:

SQL> select dbms_xdb_config.getHttpsPort() from dual;


DBMS_XDB_CONFIG.GETHTTPSPORT()
------------------------------
                          5502

EM ExpressのポートをPDBを管理するように設定する(Oracle Database 12.1のみ)

Oracle Database 12c Release 1では、EM Expressを使用して管理するルート・コンテナ(CDB)および各PDBに固有のHTTPSポートを構成する必要があります。

EM Expressを使用してPDBを管理できるようにHTTPSポートを構成するには:

  1. SQL*Plusを呼び出し、SYSDBA権限を持つSYSユーザーとしてPDBにログインします。
  2. DBMS_XDB_CONFIG.SETHTTPSPORTプロシージャを実行します。

    SQL> exec dbms_xdb_config.sethttpsport(port-number)

EM Expressへのアクセス

EM Expressにアクセスする前に、ポートをセキュリティ・リストに追加してください。 「セキュリティ・リストの更新」を参照してください。

セキュリティ・リストを更新した後、ブラウザにURL https://<node-ip-address>:<port>/em (node-ip-addressはEM Expressをホストするコンピューティング・ノードのパブリックIPアドレス、portはデータベースで使用されるEM Expressポート)を指定してEM Expressにアクセスできます。

Enterprise Manager 11gデータベース制御へのアクセス

Enterprise Manager 11g Databaseコントロール(Database Control)は、Oracle Database 11gリリース2を使用して作成されたExadata DBシステム・データベース・デプロイメントで使用できます。 Database Controlには、データベースの各デプロイメントごとに固有のポート番号が割り当てられます。 デフォルトでは、データベース制御へのアクセスは、最初のデプロイ時にポート1158を使用して提供されます。 その後のデプロイメントでは、5500,5501,5502などで始まる範囲のポートが割り当てられます。

$ORACLE_HOME/host_sid/sysman/config/emd.propertiesファイルのREPOSITORY_URLを検索すると、データベースのDatabase制御ポートを確認できます。

Database Controlにアクセスする前に、データベースのポートをExadata DBシステム・クライアント・サブネットに関連付けられているセキュリティ・リストに追加してください。 詳細は、「セキュリティ・リストの更新」を参照してください。

セキュリティ・リストを更新したら、ブラウザを https://<node-ip-address>:<port>/emというURLに誘導してDatabase Controlにアクセスできます。node-ip-addressはDatabase Controlをホストするコンピュート・ノードのパブリックIPアドレスで、portはデータベースで使用されるDatabase制御ポートです。

セキュリティ・リストの更新

EM ExpressまたはDatabase Controlにアクセスする前に、Exadata DBシステム・データ(クライアント)サブネットに関連付けられているセキュリティ・リストにデータベースのポートを追加する必要があります。 既存のセキュリティ・リストを更新するには、コンソールを使用して次のステップを実行します:

  1. 「ナビゲーション・メニュー」を開きます。 データベースの下で、ベア・メタル、VMおよびExadataをクリックします。
  2. 「コンパートメント」を選択してください。

    DBシステムのリストが表示されます。

  3. 一覧からDBシステムを見つけます。
  4. DBシステムの「クライアントのサブネット」名に注意し、その仮想クラウド・ネットワークをクリックします。
  5. 一覧からサブネットを見つけて、「セキュリティ・リスト」の下のセキュリティ・リストをクリックします。
  6. 「すべてのルールの編集」をクリックし、ソース・タイプ=CIDR、ソースCIDR=<source CIDR>、プロトコル=TCP、およびポート=<port number or port range>のイングレス・ルールを追加します。

    送信元のCIDRは、クライアント接続用に開いたポートを含むCIDRブロックである必要があります。

セキュリティ・リストの作成または更新の詳細については、「セキュリティ・リスト」を参照してください。