Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

「オブジェクト・ストレージ」からのExadata Databaseのリカバリ

このトピックでは、コンソールまたはAPIを使用して、「オブジェクト・ストレージ」に格納されているバックアップからExadataデータベースをリカバリする方法について説明します。 「オブジェクト・ストレージ」サービスは、Oracle Cloud Infrastructureでの安全でスケーラブルなオンデマンド・ストレージ・ソリューションです。 Exadata DBシステムを「オブジェクト・ストレージ」にバックアップする方法の詳細は、「Exadata Databaseバックアップの管理」を参照してください。

必要なIAMポリシー

Oracle Cloud Infrastructureを使用するには、管理者が作成するポリシーで、コンソールまたはSDK、CLIまたはその他のツールを使用したREST APIのどちらを使用しているかにかかわらず、必要なタイプのアクセスを付与する必要があります。 アクションを実行しようとしたときに、権限のないメッセージや権限のないメッセージを取得する場合は、管理者に付与されているアクセスのタイプと作業するコンパートメントを確認してください。

新しいポリシーの場合は、「ポリシーの開始」「共通ポリシー」を参照してください。

コンソールの使用

コンソールを使用して、コンソールまたはAPIを使用して作成したオブジェクト・ストレージのバックアップからデータベースをリストアできます。 データベースの最後の正常な状態にリストアするか、または特定の時点または既存のシステム変更番号(SCN)を指定することができます。

ノート

コンソールで表示されるバックアップのリストには、管理対象外のバックアップは含まれません(bkup_apiを使用して直接作成されるバックアップ)。

既存のデータベースのリストア

データベースをリストアするには
オブジェクト・ストレージから特定のバックアップを使用してデータベースをリストアするには

APIの使用

APIおよび署名リクエストの使用については、REST APIおよび「セキュリティ資格証明」を参照してください。 SDKの詳細は、「ソフトウェア開発キットとコマンドライン・インタフェース」を参照してください。

次のAPI操作を使用してデータベースをリカバリします:

データベース・サービスのAPIの完全なリストについては、「データベース・サービスAPI」を参照してください。