Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

PDBのリモート・クローニング

オンプレミス・プラットフォームがリトル・エンディアンで、オンプレミス・データベースのリリースが12.1.0.2以上で、オンプレミス・データベースとDatabaseサービス・データベースに互換性のあるデータベース・キャラクタ・セットと各国語キャラクタ・セットがある場合にのみ、このメソッドを使用できます。

リモート・クローニング・メソッドを使用して、オンプレミスのOracle Database 12cデータベースからDatabaseサービスのOracle Database 12cデータベースのPDBにPDBをコピーできます。

移行タスク

Oracle Database 12c PDBをリモート・クローニング方式を使用してDatabaseサービス・データベース・デプロイメントのPDBに移行するには、次の作業を行います:

  1. オンプレミス・データベース・ホストで、SQL*Plusを呼び出してオンプレミスPDBを閉じて、READ ONLYモードで再度開きます。

  2. Databaseサービスのコンピュート・ノードで、SQL*Plusを呼び出して、オンプレミス・データベースへの接続を可能にするデータベース・リンクを作成します。

  3. データベース・サービスのコンピュート・ノードで、CREATE PLUGGABLE DATABASEコマンドを実行して、オンプレミスPDBをクローンします。

  4. データベース・コンピュート・ノードで、ALTER PLUGGABLE DATABASE OPENコマンドを実行して新しいPDBを開きます。

  5. 必要に応じて、オンプレミス・データベース・ホストで、SQL*Plusを呼び出して、オンプレミスPDBをREAD WRITEモードに戻します。

詳細については、リリース12.2または12.1「Oracle Database管理者ガイド」「リモートPDBまたは非CDBのクローン作成」を参照してください。