Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

Non-CDBの切断/接続

このメソッドは、オンプレミス・プラットフォームがリトル・エンディアンで、オンプレミス・データベースとOracle Cloud Infrastructure Databaseデータベースに互換性のあるデータベース・キャラクタ・セットと各国語キャラクタ・セットがある場合にのみ使用できます。

unplug/plugメソッドを使用すると、Oracle Database 12c非CDBデータベースをDatabaseサービス・データベース・デプロイメントのOracle Database 12cデータベースのPDBに移行できます。 このメソッドは、いくつかの非CDBデータベースをDatabaseサービス上の単一のOracle Database 12cマルチテナント・データベースに統合するメソッドを提供します。

plug/unplugメソッドを使用してOracle Database 12c非CDBデータベースをDatabaseサービス・デプロイメントのOracle Database 12cデータベースに移行するには、次の作業を行います:

  1. オンプレミス・データベース・ホストで、SQL*Plusを呼び出して、オンプレミス・データベースをREAD ONLYモードに設定します。

  2. オンプレミス・データベース・ホストで、DBMS_PDB.DESCRIBEプロシージャを実行して、クラウド・データベースにプラグインされるデータ・ファイルのリストを含むXMLファイルを生成します。

  3. セキュアなコピー・ユーティリティを使用して、XMLファイルとデータファイルをDatabaseサービスのコンピュート・ノードに転送します。

  4. Databaseサービスのコンピュート・ノードで、SQL*Plusを呼び出して、CREATE PLUGGABLE DATABASEコマンドを実行してデータベースをCDBに接続します。

  5. Databaseサービスのコンピュート・ノードで、$ORACLE_HOME/rdbms/admin/noncdb_to_pdb.sqlスクリプトを実行して、新しいPDBのSYSTEM表領域から不要なメタデータを削除します。

  6. Databaseサービスのコンピュート・ノードで、ALTER PLUGGABLE DATABASE OPENコマンドを実行して新しいPDBを開きます。

  7. 必要に応じて、オンプレミス・データベース・ホストで、SQL*Plusを呼び出して、オンプレミス・データベースをREAD WRITEモードに戻します。

詳細については、リリース12.2または12.1「Oracle Database管理者ガイド」「非CDBを使用したPDBの作成」を参照してください。