Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

CLIバックアップからのデータベースのリカバリ

ノート

このトピックは、Exadata DBシステムには適用されません。

このトピックでは、dbcli create-backupコマンドを使用して作成されたバックアップから既存のデータベースを完全または特定の時点でリカバリする方法について説明します。 バックアップは、DBシステム上のローカル高速リカバリ領域にあります。

リカバリを開始するには、「Oracle Database CLIリファレンス」コマンドを使用し、リカバリ・タイプ・パラメータ(--recoverytypeまたは-tのみ)を指定します。 次のタイプのリカバリを指定できます:

  • 完全なリカバリのための-t Latest
  • リカバリのエンドポイントとしてシステム変更番号(SCN)を使用するリカバリ用の-t SCN -s <scn>
  • -t PITR <mm/dd/yyyy hh:mm:ss> は、タイムスタンプに基づくデータベースの特定時点(不完全)リカバリ用です。

dbcli create-recoveryは、データベースの完全リカバリを実行しようとします。 部分的なリカバリ(データファイル、表領域およびPDB)の実行については、バージョン18.112.212.1、または11.2「Oracle Databaseバックアップ・リカバリ・ガイド」を参照してください。

前提条件

  • バックアップは、dbcli create-backupコマンドで作成されている必要があります。
  • データベースが透過的データ暗号化(TDE)で構成されている場合は、パスワード・ベースおよび自動ログインTDEウォレットが次のロケーションに存在することを確認してください:

    /opt/oracle/dcs/commonstore/wallets/tde/<db_unique_name>

データベースのリカバリ

  1. DBシステムへのSSH。

    ssh -i <private_key_path> opc@<db_system_ip_address> 
  2. opcとしてログインし、rootユーザーにsudoします。 ハイフンでsudo su -を使用してルート・ユーザー・プロファイルを呼び出すと、PATHがdbcliディレクトリ(/opt/oracle/dcs/bin)に設定されます。

    login as: opc
    			
    [opc@dbsys ~]$ sudo su - 
  3. dbcli list-databasesコマンドを使用して、回復したいデータベースのIDを探します。 次のステップにはIDが必要です。

    [root@dbsys ~]# dbcli list-databases
    ID                                       DB Name    DB Version CDB        Class    Shape    Storage    Status   
    ---------------------------------------- ---------- ---------- ---------- -------- -------- ---------- ----------
    5a3e980b-e0fe-4909-9628-fcefe43b3326     prod       12.1.0.2   true       OLTP     odb1     ACFS       Configured 
  4. 「Oracle Database CLIリファレンス」コマンドを使用してリカバリを開始し、データベースID、リカバリ・タイプ・パラメータ(-t)およびリカバリ・タイプに必要な任意のパラメータ(タイムスタンプ、システム変更番号など)を指定します。

    次の例では、完全なリカバリを開始します。

    [root@dbsys ~]# dbcli create-recovery --dbid 5a3e980b-e0fe-4909-9628-fcefe43b3326 --recoverytype Latest
    {
      "jobId" : "c9f81228-2ce9-43b4-88f6-b260d398cf06",
      "status" : "Created",
      "message" : null,
      "reports" : [ ],
      "createTimestamp" : "August 08, 2016 18:20:47 PM UTC",
      "description" : "Create recovery for database id :5a3e980b-e0fe-4909-9628-fcefe43b3326",
      "updatedTime" : "August 08, 2016 18:20:47 PM UTC"
    }

    次の例では、指定したデータベースの特定時点のリカバリを開始します:

    [root@dbsys ~]# dbcli create-recovery --dbid d4733796-dbea-4155-8606-24a85d64bd74 --recoverytype PITR --recoveryTimeStamp 08/09/2016 5:12:15

    コマンド出力のジョブIDに注意してください。

  5. 前のステップのジョブIDでdbcli describe-jobコマンドを使用して、リカバリのステータスを確認します。

    [root@dbsys ~]# dbcli describe-job -i c9f81228-2ce9-43b4-88f6-b260d398cf06
     
    Job details                                                     
    ----------------------------------------------------------------
                         ID:  c9f81228-2ce9-43b4-88f6-b260d398cf06
                Description:  Create recovery for database id :5a3e980b-e0fe-4909-9628-fcefe43b3326
                     Status:  Success
                    Created:  August 8, 2016 6:20:47 PM UTC
                    Message: 
     
    Task Name                                Start Time                          End Time                            Status   
    ---------------------------------------- ----------------------------------- ----------------------------------- ----------
    Database recovery validation             August 8, 2016 6:20:47 PM UTC       August 8, 2016 6:21:07 PM UTC       Success  
    Database recovery                        August 8, 2016 6:21:07 PM UTC       August 8, 2016 6:22:34 PM UTC       Success  
    enable block change tracking             August 8, 2016 6:22:34 PM UTC       August 8, 2016 6:22:35 PM UTC       Success  
    Open database                            August 8, 2016 6:22:35 PM UTC       August 8, 2016 6:22:44 PM UTC       Success  
    Restart database                         August 8, 2016 6:22:44 PM UTC       August 8, 2016 6:23:41 PM UTC       Success  
    Persist Recovery Metadata                August 8, 2016 6:23:41 PM UTC       August 8, 2016 6:23:41 PM UTC       Success

また、DBシステムのデータベース・リストア・ログをチェックすることもできます:

/opt/oracle/dcs/log/<nodename>/rman/bkup/<db_unique_name>