Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

エッジ・サービス

Oracle Cloud Infrastructure Edge Servicesには、ドメインとエンドポイントを管理、保護および管理するための複数のサービスが含まれています。

DNS

DNSサービスは、DNSゾーンの作成と管理を支援します。

ヘルス・チェック

ヘルス・チェックは、エンドポイントのヘルスのモニターに役立ちます。

Traffic Management Steering Policies

トラフィック管理は、エンドポイントのヘルスやDNSリクエストの地理的オリジンなど、様々な条件に基づいてエンドポイントへのトラフィックをガイドするのに役立ちます。

WAF

WAF悪意のあるトラフィックをモニターおよびフィルタ処理することで、エンドポイントをよりセキュアにするのに役立ちます。

DDoSの保護

DDoSの保護は、一般的なDDoSメトリック攻撃のための常時実施される検出および緩和のプラットフォームです。 サービスでは、一般的なレイヤー3と4の攻撃(SYNフラッド、UDPフラッド、ICMPフラッド、NTP Amplification攻撃など)から保護します。 DDoSの保護はすべてのOracle Cloud Infrastructureアカウントに含まれており、構成またはモニタリングは必要ありません。