Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

「電子メール配信」のトラブルシューティング

このトピックでは、「電子メール配信」の使用時に発生する可能性がある問題のトラブルシューティング方法を提供します。

Postfixとの統合時のTLSエラー

  • Postfixを「電子メール配信」と統合しようとしてTLSエラーが発生した場合は、Postfix main.cfファイルから次の設定が削除されていることを確認してください(非推奨):
  • smtp_use_tls = yes

  • TLSを有効にするかわりに次の設定を使用します:
  • smtp_tls_security_level = may

    この設定を使用する場合、Postfix SMTPサーバーはリモートSMTPクライアントへのSTARTTLSサポートを通知しますが、クライアントがTLS暗号化を使用する必要はありません。

  • TLSの使用を強制する場合、Postfix SMTPサーバーがSTARTTLSを通知し、TLS暗号化なしでメールを受け入れないようにするには、次の設定を使用します:
  • smtp_tls_security_level = encrypt

詳細は、「Postfix TLSのサポート」を参照してください。

接続の問題

ノート

「電子メール配信」は、ソースIP範囲からの接続を禁止しません。 「電子メール配信」に接続しようとするすべてのIPが受け入れられます。

送信時にSMTP接続を確立するリージョン・エンドポイントのリストについては、「SMTP接続エンドポイント」を参照してください。

エンドポイント・ネットワーク・ポートへの接続に関する問題をトラブルシューティングするには
外部メール転送エージェント(MTA)への接続に関する問題をトラブルシューティングするには