Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

Oracle Enterprise Managerと「電子メール配信」の統合

「電子メール配信」を介して電子メールを送信するようにOracle Enterprise Managerを構成

Oracle Enterprise Managerを使用して、「電子メール配信」を通じて電子メールを送信できます。 Oracle Enterprise Managerを使用する前に、Oracle Enterprise Managerアプリケーションで「Oracle Cloud Infrastructureの電子メール配信」を構成する必要があります。

ノート

Oracle Enterprise Managerのインストールの詳細は、「Oracle Cloud InfrastructureでのOracle Enterprise Managerの設定」で入手できます。

Oracle Enterprise Managerを電子メール配信と統合できるようにするには、次のステップを実行します:

  1. 「電子メール配信」が電子メールを送信するよう構成されていることを確認してください。 「電子メール配信の開始」も参照してください。

ノート

「電子メール配信」を使用するようにOracle Enterprise Managerを構成するには、SMTP資格証明が必要です。 SMTP資格証明の生成時には、ユーザー名とパスワードを忘れないでください。

  1. Oracle Enterprise Managerで、「設定」メニューに移動して、「初期設定コンソール」をクリックします。
  2. 「初期設定コンソール」セクションで、ナビゲーション・ペインの「メール・サーバーの構成」をクリックします。

  3. 「送信者Id」セクションで、「編集」をクリックします。

  4. 電子メール通知を送信する必要のある管理者またはシステムの名前と、通知の送信元の電子メール・アドレスを入力して、OKをクリックします。

  5. 「送信メール(SMTP)サーバー」セクションで、「作成」をクリックします。

  6. メール・サーバーのホスト名、メール・サーバー資格証明および使用する暗号化方式を入力して、OKをクリックします。

  7. テストする送信メール・サーバーを選択し、「メール・サーバーのテスト」を選択します。 コンソールの確認メッセージを書き留め、受信ボックスにテスト電子メールが届いていることを確認します。

ノート

複数の送信メール・サーバーを構成する場合は、自動フェイルオーバーとロード・バランシングがラウンド・ロビン方式で実行されます。