Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

「イベント」の開始

このトピックでは、「イベント」で自動化を作成する方法について説明します。 テナンシの特定のコンパートメントにバケットが作成されるたびに通知を送信する単純なルールを作成します。

警告

説明、タグまたはわかりやすい名前をクラウド・リソースに割り当てる場合は、Oracle Cloud Infrastructureコンソール、APIまたはCLIを使用して機密情報を入力しないでください。

「イベント」の設定

このチュートリアルの「イベント」サービスを試すには、まずこれらのことを設定する必要があります:

  • 「イベント」IAMポリシーの作成
  • 処理として使用するトピックおよびサブスクリプションの作成

重要

テナンシ管理者は、「イベント」のテナンシを構成する必要があります。
これらの構成によって、アクションとして使用する必要なポリシーとリソースを持つOracle Cloud Infrastructureテナンシにアクセスできます。

ユーザー、グループおよびコンパートメントの作成

既存のユーザー、グループ、コンパートメントを使用することも、新規に作成することもできます。

グループおよびユーザーを作成するには
コンパートメントを作成するには

「イベント」IAMポリシーの作成

「イベント」を使用して自動化を開始するには、テナンシ管理者として2つのタイプのポリシーを作成する必要があります: 

  • ユーザーがルールを作成および管理できるようにするためのポリシー。
  • 任意のトピック、ストリームまたは機能の組合せであるアクション・リソースにイベント・メッセージを配信できるようにする、「イベント」サービスのポリシー。 (このチュートリアルでは、トピックにイベントを配信するのみです。)
ユーザーにルールの作成および管理を許可するポリシーの作成
イベント・サービスがトピックにイベント・メッセージを配信することを許可するポリシーを作成するには

「通知」トピックおよびサブスクリプションの作成

適切な「通知」トピックが存在しない場合は、コンソールにテナンシ管理者としてログインして作成する必要があります。 既存のトピックを使用する場合も新しいトピックを作成する場合も、通知のためにその電子メール・アカウントを監視できるように、サブスクリプションとして電子メール・アドレスを追加します。

トピックを作成するには
サブスクリプションを作成するには
サブスクリプションを確認するには

コンソールを使用したルールの作成

コンソールを使用して、「オブジェクト・ストレージ」で生成されたバケット作成イベントに一致するパターンのあるルールを作成します。 一致イベントを配信するためのアクションとして作成した「通知」トピックを指定します。 ルールをテストするには、バケットを作成します。 「オブジェクト・ストレージ」は、アクションをトリガーするイベントを発行します。 通知を受信するには、サブスクリプションで指定されている電子メールを確認してください。

ルールを作成するには
バケットを作成するには
通知を受信するには

CLIを使用したルールの作成

CLIを使用してルールを作成する場合は、コンソールを使用する場合と比べて少し動作が異なります。

  • ルールにアクションを指定するには、JSON形式のファイルを使用します。 このファイルを作成してからルールを作成すると、コマンドラインで入力する必要のある情報量がファイルによって簡素化されます。
  • 一致させるイベントを指定するには、JSON形式の文字列を使用します。 ルールを作成するときに、コンソールにこの権限を入力します。
アクション・ファイルを作成するには:
ルールを作成するには
バケットを作成するには
通知を受信するには