Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

「イベント」メトリック

「メトリック」「アラーム」および「通知」を使用してルールのパフォーマンスを監視できます。 このトピックでは、メトリック・ネームスペースoci_cloudevents (「イベント」サービス)によって発行されるメトリックについて説明します。

リソース: rules. リソースではないイベントのデータも測定します。

前提条件

IAMポリシー: リソースをモニターするには、管理者が作成したポリシーで、コンソールまたはSDK、CLIまたはその他のツールを使用してREST APIを使用しているかどうかにかかわらず、必要なタイプのアクセスを付与する必要があります。 ポリシーによって、モニター・サービスおよびモニターされているリソースにアクセスできるようにする必要があります。 アクションを実行しようとしたときに、権限のないメッセージや権限のないメッセージを取得する場合は、管理者に付与されているアクセスのタイプと作業するコンパートメントを確認してください。 モニター用のユーザー承認の詳細は、関連サービスの認証と認可のセクションを参照してください: モニタリングまたは通知

「イベント」サービス・メトリックの概要

処理のために他のサービスに配信されるイベントを指定するルールを作成します。 この配信によって、テナンシに自動化が作成されます。 ルールは、照合するイベント・パターンを識別し、一致するイベントを配信する他のサービスを指定します。 メトリックは、作成するルール(パターン一致および配信の観点から)の成功、およびテナンシ内の送信イベントの品質および範囲を測定するのに役立ちます。 詳細は、「イベントの概要」を参照してください。

使用可能なメトリック: oci_cloudevents

次の表に示すメトリックは、作成するルールで自動的に使用可能です。 これらのメトリックを取得するためにモニタリングを有効化する必要はありません。

各メトリックには、次の1つ以上のディメンションが含まれます:

resourceID
メトリックが適用されるルールまたはコンパートメントのOCID。
eventType
リソースによって発行されたイベントのタイプ。
resourceDisplayName
ルールの名前。
actionType
「イベント」サービスからイベントを受け取る次のタイプのリソースの1つ以上。
メトリック メトリック表示名 単位 説明 ディメンション
PublishedEvents 発行済イベント count コンパートメントのリソースによって表示されたイベントの合計数。

eventType

resourceId

MatchedEvents 一致したイベント count ルールからデフォルト・チャートを表示する場合、このメトリックは、ルールに一致したイベントの合計数を表します。 「サービス・メトリック」ページからチャートを表示する場合、このメトリックは、コンパートメント内のすべてのルールに対して一致するイベントの合計数を提供します。

resourceDisplayName

resourceId

DeliverySucceedEvents 配信されたイベント count ルールからデフォルトのチャートを表示する場合、このメトリックは、ルールのアクションへの成功した配信の合計数を表します。 「サービス・メトリック」ページからチャートを表示すると、このメトリックは、コンパートメント内のすべてのルールに対するアクションへの正常な配信の合計数を示します。

actionType

resourceDisplayName

resourceId

DeliveryFailedEvents 配信の失敗 count ルールからデフォルト・チャートを表示する場合、このメトリックは、ルールのアクションに対する失敗した配信の合計数を示します。 「サービス・メトリック」ページからチャートを表示する場合、このメトリックは、コンパートメント内のすべてのルールに対するアクションへの合計失敗配信数を示します。

コンソールの使用

ルールのデフォルトのメトリック・チャートを表示するには
コンパートメントのデフォルトのメトリック・チャートを表示するには

APIの使用

モニタリングには次のAPIを使用します: