Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

イベントを生成するサービス

このトピックでは、イベントを発生させるOracle Cloud Infrastructureサービスをリストします: 

より多くのサービスがイベントの発行を開始すると、この参照が更新されます。

イベント・タイプおよびサンプル・リファレンス・イベントについて

リソース・タイプ別サービス発行イベント・メッセージ。 イベント・メッセージは、イベント・タイプとデータ・ペイロード(リソースから)の組合せを使用して状態の変更を識別します。

この項の内容は、次のとおりです。 

  • イベント・タイプは、サービス別、リソース・タイプ別に編成されます。
  • ペイロードにすべてのイベント・タイプの同じ属性が含まれている場合、リソース・タイプごとに参照例が1つあります

「フィルタを使用したイベントの照合」および「イベント・メッセージの内容」を参照してください。

ブロック・ボリューム

イベントを発行する「ブロック・ボリューム」リソース:

ブロック・ボリューム・イベント・タイプ

ブロック・ボリュームが発行するイベント・タイプは次のとおりです:

わかりやすい名前 イベント・タイプ
ボリューム・コンパートメントの変更開始
com.oraclecloud.blockvolumes.changevolumecompartment.begin
ボリューム・コンパートメントの変更終了
com.oraclecloud.blockvolumes.changevolumecompartment.end
ボリューム作成開始
com.oraclecloud.blockvolumes.createvolume.begin
ボリュームの作成終了
com.oraclecloud.blockvolumes.createvolume.end
ボリュームの削除開始
com.oraclecloud.blockvolumes.deletevolume.begin
ボリュームの削除終了
com.oraclecloud.blockvolumes.deletevolume.end
ボリュームKmsキーの削除開始
com.oraclecloud.blockvolumes.deletevolumekmskey.begin
ボリュームの更新
com.oraclecloud.blockvolumes.updatevolume
ボリュームの更新開始
com.oraclecloud.blockvolumes.updatevolume.begin
ボリュームの更新終了
com.oraclecloud.blockvolumes.updatevolume.end
ボリュームKmsキーの更新開始
com.oraclecloud.blockvolumes.updatevolumekmskey.begin
ボリュームKmsキーの更新終了
com.oraclecloud.blockvolumes.updatevolumekmskey.end

ブロック・ボリュームの例

これはブロック・ボリュームの参照イベントです:

{
   "eventType": "com.oraclecloud.blockvolumes.createvolume.begin",
   "cloudEventsVersion": "0.1",
   "eventTypeVersion": "2.0",
   "source": "BlockVolumes",
   "eventTime": "2019-01-10T21:19:24Z",
   "contentType": "application/json",
   "data": {
      "compartmentId": "ocid1.compartment.oc1..<unique_ID>",
      "compartmentName": "example_name",
      "resourceName": "my_volume",
      "resourceId": "ocid1.volume.oc1..<unique_ID>",
      "availabilityDomain": "<availability_domain>",
   }
   "eventID": "<unique_ID>",
   "extensions": {
      "compartmentId": "ocid1.compartment.oc1..<unique_ID>"
   }
}

ブロック・ボリューム・バックアップ・イベント・タイプ

ブロック・ボリューム・バックアップで発行するイベント・タイプは次のとおりです:

わかりやすい名前 イベント・タイプ
ボリューム・バックアップ・コンパートメントの変更
com.oraclecloud.blockvolumes.changevolumebackupcompartment
ボリューム・バックアップのコピー開始
com.oraclecloud.blockvolumes.copyvolumebackup.begin
ボリューム・バックアップのコピー終了
com.oraclecloud.blockvolumes.copyvolumebackup.end
ボリューム・バックアップの作成開始
com.oraclecloud.blockvolumes.createvolumebackup.begin
ボリューム・バックアップの作成終了
com.oraclecloud.blockvolumes.createvolumebackup.end
ボリューム・バックアップ・ポリシー割当ての作成
com.oraclecloud.blockvolumes.createvolumebackuppolicyassignment
ボリューム・バックアップの削除開始
com.oraclecloud.blockvolumes.deletevolumebackup.begin
ボリューム・バックアップの削除終了
com.oraclecloud.blockvolumes.deletevolumebackup.end
ボリューム・バックアップ・ポリシー割当ての削除
com.oraclecloud.blockvolumes.deletevolumebackuppolicyassignment
ボリューム・バックアップの更新
com.oraclecloud.blockvolumes.updatevolumebackup
ボリューム・バックアップ・ポリシーの更新
com.oraclecloud.blockvolumes.updatevolumebackuppolicy

ブロック・ボリューム・バックアップの例

これはブロック・ボリューム・バックアップの参照イベントです:

{
   "eventType": "com.oraclecloud.blockvolumes.createvolumebackup.end",
   "cloudEventsVersion": "0.1",
   "eventTypeVersion": "2.0",
   "source": "BlockVolumes",
   "eventTime": "2019-01-10T21:19:24Z",
   "contentType": "application/json",
   "data": {
      "compartmentId": "ocid1.compartment.oc1..<unique_ID>",
      "compartmentName": "example_name",
      "resourceName": "my_volumebackup via policy:gold",
      "resourceId": "ocid1.volumebackup.oc1..<unique_ID>",
      "additionalDetails": {
         "sourceType": "SCHEDULED",
         "volumeId": ""ocid1.volume.oc1..<unique_ID>"
      }
   }
   "eventID": "<unique_ID>",
   "extensions": {
      "compartmentId": "ocid1.compartment.oc1..<unique_ID>"
   }
}

ブート・ボリューム・イベント・タイプ

ブート・ボリュームが発行するイベント・タイプは次のとおりです:

わかりやすい名前 イベント・タイプ
ブート・ボリューム・コンパートメントの変更開始
com.oraclecloud.blockvolumes.changebootvolumecompartment.begin
ブート・ボリューム・コンパートメントの変更終了
com.oraclecloud.blockvolumes.changebootvolumecompartment.end
ブート・ボリュームの作成開始
com.oraclecloud.blockvolumes.createbootvolume.begin
ブート・ボリュームの作成終了
com.oraclecloud.blockvolumes.createbootvolume.end
ブート・ボリュームの削除開始
com.oraclecloud.blockvolumes.deletebootvolume.begin
ブート・ボリュームの削除終了
com.oraclecloud.blockvolumes.deletebootvolume.end
ブート・ボリュームKmsキーの削除開始
com.oraclecloud.blockvolumes.deletebootvolumekmskey.begin
ブート・ボリュームの更新
com.oraclecloud.blockvolumes.updatebootvolume
ブート・ボリュームの更新開始
com.oraclecloud.blockvolumes.updatebootvolume.begin
ブート・ボリュームの更新終了
com.oraclecloud.blockvolumes.updatebootvolume.end
ブート・ボリュームKmsキーの更新開始
com.oraclecloud.blockvolumes.updatebootvolumekmskey.begin
ブート・ボリュームKmsキーの更新終了
com.oraclecloud.blockvolumes.updatebootvolumekmskey.end

ブート・ボリュームの例

ブート・ボリュームの参照イベントです:

{
   "eventType": "com.oraclecloud.blockvolumes.createbootvolume.begin",
   "cloudEventsVersion": "0.1",
   "eventTypeVersion": "2.0",
   "source": "BlockVolumes",
   "eventTime": "2019-01-10T21:19:24Z",
   "contentType": "application/json",
   "data": {
		"compartmentId": "ocid1.compartment.oc1..<unique_ID>",
		"compartmentName": "example_name",
		"resourceName": "my_volume",
		"resourceId": "ocid1.volume.oc1..<unique_ID>",
		"availabilityDomain": "<availability_domain>",
	}
   "eventID": "<unique_ID>",
   "extensions": {
      "compartmentId": "ocid1.compartment.oc1..<unique_ID>"
   }
}

ブート・ボリューム・バックアップ・イベントのタイプ

次に、ボリューム・バックアップを発行するイベント・タイプを示します:

わかりやすい名前 イベント・タイプ
ブート・ボリュームのバックアップ・コンパートメントの変更
com.oraclecloud.blockvolumes.changebootvolumebackupcompartment
ブート・ボリューム・バックアップの作成開始
com.oraclecloud.blockvolumes.createbootvolumebackup.begin
ブート・ボリューム・バックアップの作成終了
com.oraclecloud.blockvolumes.createbootvolumebackup.end
ブート・ボリューム・バックアップの削除開始
com.oraclecloud.blockvolumes.deletebootvolumebackup.begin
ブート・ボリューム・バックアップの削除終了
com.oraclecloud.blockvolumes.deletebootvolumebackup.end
ブート・ボリューム・バックアップの更新
com.oraclecloud.blockvolumes.updatebootvolumebackup

ブート・ボリューム・バックアップの例

これはブート・ボリューム・バックアップの参照イベントです:

{
   "eventType": "com.oraclecloud.blockvolumes.createbootvolume.end",
   "cloudEventsVersion": "0.1",
   "eventTypeVersion": "2.0",
   "source": "BlockVolumes",
   "eventTime": "2019-01-10T21:19:24Z",
   "contentType": "application/json",
   "data": {
      "compartmentId": "ocid1.compartment.oc1..<unique_ID>",
      "compartmentName": "example_name",
      "resourceName": "my_volumebackup via policy:gold",
      "resourceId": "ocid1.volumebackup.oc1..<unique_ID>",
      "additionalDetails": {
         "sourceType": "SCHEDULED",
         "volumeId": ""ocid1.volume.oc1..<unique_ID>"
      }
   }
   "eventID": "<unique_ID>",
   "extensions": {
      "compartmentId": "ocid1.compartment.oc1..<unique_ID>"
   }
}

ボリューム・グループとボリューム・グループのバックアップ

ボリューム・グループおよびボリューム・グループ・バックアップは発行するイベント・タイプは次のとおりです:

わかりやすい名前 イベント・タイプ
ボリューム・グループ・コンパートメントの変更
com.oraclecloud.blockvolumes.changevolumegroupcompartment
ボリューム・グループ・バックアップ・コンパートメントの変更
com.oraclecloud.blockvolumes.changevolumegroupbackupcompartment
ボリューム・グループの作成
com.oraclecloud.blockvolumes.createvolumegroup
ボリューム・グループの作成開始
com.oraclecloud.blockvolumes.createvolumegroup.begin
ボリューム・グループの作成終了
com.oraclecloud.blockvolumes.createvolumegroup.end
ボリューム・グループ・バックアップの作成開始
com.oraclecloud.blockvolumes.createvolumegroupbackup.begin
ボリューム・グループ・バックアップの作成終了
com.oraclecloud.blockvolumes.createvolumegroupbackup.end
ボリューム・グループの削除開始
com.oraclecloud.blockvolumes.deletevolumegroup.begin
ボリューム・グループの削除終了
com.oraclecloud.blockvolumes.deletevolumegroup.end
ボリューム・グループ・バックアップの削除開始
com.oraclecloud.blockvolumes.deletevolumegroupbackup.begin
ボリューム・グループ・バックアップの削除終了
com.oraclecloud.blockvolumes.deletevolumegroupbackup.end
ボリューム・グループの更新
com.oraclecloud.blockvolumes.updatevolumegroup
ボリューム・グループ・バックアップの更新
com.oraclecloud.blockvolumes.updatevolumegroupbackup

ボリューム・グループの例

これはボリューム・グループの参照イベントです:

{
  "eventType": "com.oraclecloud.blockvolumes.createvolumegroup",
  "cloudEventsVersion": "0.1",
  "eventTypeVersion": "2.0",
  "source": "BlockVolumes",
  "eventTime": "2019-01-10T21:19:24Z",
  "contentType": "application/json",
  "data": {
    "resourceName": "my_volumegroup",
    "resourceId": "ocid1.volumegroup.oc1..<unique_ID>",
     "availabilityDomain": "<availability_domain>",
   }
   "eventID": "<unique_ID>",
   "extensions": {
      "compartmentId": "ocid1.compartment.oc1..<unique_ID>"
   }
}

コンピュート

イベントを発行する「コンピュート」リソース:

自動スケーリングのイベント・タイプ

自動スケーリング構成および自動スケーリング・ポリシーが発行するイベント・タイプは次のとおりです:

わかりやすい名前 イベント・タイプ
自動スケーリング構成コンパートメントの変更
com.oraclecloud.autoscaling.changeautoscalingconfigurationcompartment
自動スケーリング構成の作成
com.oraclecloud.autoscaling.createautoscalingconfiguration
自動スケーリング構成の削除
com.oraclecloud.autoscaling.deleteautoscalingconfiguration
スケーリング・アクション
com.oraclecloud.autoscaling.scalingaction
自動スケーリング構成の更新
com.oraclecloud.autoscaling.updateautoscalingconfiguration
自動スケーリング・ポリシーの更新
com.oraclecloud.autoscaling.updateautoscalingpolicy

自動スケーリング例

これは自動スケーリングの参照イベントです:

{
  "eventType": "com.oraclecloud.autoscaling.scalingaction",
  "cloudEventsVersion": "0.1",
  "eventTypeVersion": "2.0",
  "source": "autoscaling",
  "eventTime": "2019-08-21T04:00:10.046Z",
  "contentType": "application/json",
  "data": {
    "compartmentId": "ocid1.compartment.oc1..<unique_ID>",
    "compartmentName": "example_compartment",
    "resourceName": "example autoscaling configuration",
    "resourceId": "ocid1.autoscalingconfiguration.oc1.phx.<unique_ID>",
    "additionalDetails": {
      "policyName": "my_policy_name",
      "ruleName": "my_scale_up_condition",
      "actionType": "SCALE_OUT",
      "previousSize": 1,
      "newSize": 2
    }
  },
  "eventID": "<unique_ID>",
  "extensions": {
    "compartmentId": "ocid1.compartment.oc1..<unique_ID>"
  }

クラスタ・ネットワーク・イベント・タイプ

次に、クラスタ・ネットワークが発行するイベント・タイプを示します:

わかりやすい名前 イベント・タイプ
クラスタ・ネットワーク・コンパートメントの変更
com.oraclecloud.computemanagement.changeclusternetworkcompartment
クラスタ・ネットワークの作成開始
com.oraclecloud.computemanagement.createclusternetwork.begin
クラスタ・ネットワークの作成終了
com.oraclecloud.computemanagement.createclusternetwork.end
クラスタ・ネットワークの停止開始
com.oraclecloud.computemanagement.terminateclusternetwork.begin
クラスタ・ネットワークの停止終了
com.oraclecloud.computemanagement.terminateclusternetwork.end

クラスタ・ネットワークの例

これは、ほとんどのクラスタ・ネットワーク・イベントの参照イベントです:

{
  "eventType": "com.oraclecloud.computemanagement.createclusternetwork.begin",
  "cloudEventsVersion": "0.1",
  "eventTypeVersion": "2.0",
  "source": "ComputeManagement",
  "eventTime": "2019-09-12T21:45:09.036Z",
  "contentType": "application/json",
  "data": {
    "compartmentId": "ocid1.compartment.oc1..<unique_ID>",
    "compartmentName": "example_compartment",
    "resourceName": "my_cluster_network",
    "resourceId": "ocid1.clusternetwork.oc1.uk-london-1.<unique_ID>",
    "availabilityDomain": "<availability_domain>"
  },
  "eventID": "<unique_ID>",
  "extensions": {
    "compartmentId": "ocid1.compartment.oc1..<unique_ID>"
  }
}

クラスタ・ネットワーク・エンドを作成してクラスタ・ネットワークを終了すると、「可用性ドメイン」は組み込まれません。

コンソール履歴イベント・タイプ

コンソール履歴が発行するイベント・タイプは次のとおりです:

わかりやすい名前 イベント・タイプ
コンソール履歴のキャプチャ開始
com.oraclecloud.computeapi.captureconsolehistory.begin
コンソール履歴のキャプチャ終了
com.oraclecloud.computeapi.captureconsolehistory.end
コンソール履歴の削除
com.oraclecloud.computeapi.deleteconsolehistory
コンソール履歴の更新
com.oraclecloud.computeapi.updateconsolehistory

コンソール履歴の例

これはコンソール履歴の参照イベントです:

{
  "eventType": "com.oraclecloud.computeapi.captureconsolehistory.begin",
  "cloudEventsVersion": "0.1",
  "eventTypeVersion": "2.0",
  "source": "ComputeApi",
  "eventTime": "2019-08-20T21:58:13.554Z",
  "contentType": "application/json",
  "data": {
    "compartmentId": "ocid1.compartment.oc1..<unique_ID>",
    "compartmentName": "example_compartment",
    "resourceId": "ocid1.consolehistory.oc1.iad.<unique_ID>",
    "availabilityDomain": "SoSC:PHX-AD-3"
  },
  "eventID": "<unique_ID>",
  "extensions": {
    "compartmentId": "ocid1.compartment.oc1..<unique_ID>"
  }

イメージ・イベント・タイプ

イメージが発行するイベント・タイプは次のとおりです:

わかりやすい名前 イベント・タイプ
イメージ・シェイプの互換性の追加
com.oraclecloud.computeapi.addimageshapecompatibility
イメージ・コンパートメントの変更
com.oraclecloud.computeapi.moveimage
イメージの作成開始
com.oraclecloud.computeapi.createimage.begin
イメージの作成終了
com.oraclecloud.computeapi.createimage.end
イメージの削除
com.oraclecloud.computeapi.deleteimage
イメージのエクスポート開始
com.oraclecloud.computeapi.exportimage.begin
イメージのエクスポート終了
com.oraclecloud.computeapi.exportimage.end
イメージ・シェイプの互換性を除去
com.oraclecloud.computeapi.removeimageshapecompatibility
更新イメージ
com.oraclecloud.computeapi.updateimage

イメージの例

これは大部分のイメージ・イベントの参照イベントです:

{
  "eventType": "com.oraclecloud.computeapi.exportimage.begin",
  "cloudEventsVersion": "0.1",
  "eventTypeVersion": "2.0",
  "source": "ComputeApi",
  "eventTime": "2019-08-27T04:12:37.397Z",
  "contentType": "application/json",
  "data": {
    "compartmentId": "ocid1.tenancy.oc1..<unique_ID>",
    "compartmentName": "example_compartment",
    "resourceName": "my_image",
    "resourceId": "ocid1.image.oc1.iad.<unique_ID>",
    "availabilityDomain": "SoSC:PHX-AD-3"
  },
  "eventID": "<unique_ID>",
  "extensions": {
    "compartmentId": "ocid1.tenancy.oc1..<unique_ID>"
  }
}

イメージ変更コンパートメントにはリソース名または「可用性ドメイン」は含まれません。

インスタンス・イベント・タイプ

「コンピュート」インスタンスおよびインスタンス・アタッチが生成するイベント・タイプは次のとおりです:

わかりやすい名前 イベント・タイプ
ブート・ボリュームのアタッチ開始
com.oraclecloud.computeapi.attachbootvolume.begin
ブート・ボリュームのアタッチ終了
com.oraclecloud.computeapi.attachbootvolume.end
セカンダリVNICのアタッチ開始
com.oraclecloud.computeapi.attachvnic.begin
セカンダリVNICのアタッチ終了
com.oraclecloud.computeapi.attachvnic.end
ボリュームのアタッチ開始
com.oraclecloud.computeapi.attachvolume.begin
ボリュームのアタッチ終了
com.oraclecloud.computeapi.attachvolume.end
インスタンス・コンパートメントの変更開始
com.oraclecloud.computeapi.changeinstancecompartment.begin
インスタンス・コンパートメントの変更終了
com.oraclecloud.computeapi.changeinstancecompartment.end
ブート・ボリュームのデタッチ開始
com.oraclecloud.computeapi.detachbootvolume.begin
ブート・ボリュームのデタッチ終了
com.oraclecloud.computeapi.detachbootvolume.end
セカンダリVNICのデタッチ開始
com.oraclecloud.computeapi.detachvnic.begin
セカンダリVNICのデタッチ終了
com.oraclecloud.computeapi.detachvnic.end
ボリュームのデタッチ開始
com.oraclecloud.computeapi.detachvolume.begin
ボリュームのデタッチ終了
com.oraclecloud.computeapi.detachvolume.end
インスタンス・アクション開始
com.oraclecloud.computeapi.instanceaction.begin
インスタンス・アクション終了
com.oraclecloud.computeapi.instanceaction.end
インスタンスの起動開始
com.oraclecloud.computeapi.launchinstance.begin
インスタンスの起動終了
com.oraclecloud.computeapi.launchinstance.end
インスタンスの停止開始
com.oraclecloud.computeapi.terminateinstance.begin
インスタンスの停止終了
com.oraclecloud.computeapi.terminateinstance.end
インスタンスの更新
com.oraclecloud.computeapi.updateinstance

コンピュートインスタンスの例

これは、ほとんどのインスタンス・イベント(アタッチ/デタッチ・ボリュームおよびブート・ボリューム・イベントには、その他の詳細は含まれません)に対する参照イベントです:

{
  "eventType": "com.oraclecloud.computeapi.launchinstance.begin",
  "cloudEventsVersion": "0.1",
  "eventTypeVersion": "2.0",
  "source": "ComputeApi",
  "eventTime": "2019-08-15T21:21:48.586Z",
  "contentType": "application/json",
  "data": {
    "compartmentId": "ocid1.compartment.oc1..<unique_ID>",
    "compartmentName": "example_compartment",
    "resourceName": "my_instance",
    "resourceId": "ocid1.instance.oc1.phx.<unique_ID>",
    "availabilityDomain": "SoSC:PHX-AD-3",
    "additionalDetails": {
      "imageId": "ocid1.image.oc1.phx.<unique_ID>",
      "shape": "VM.Standard2.1",
      "type": "CustomerVmi"
    }
  },
  "eventID": "<unique_ID>",
  "extensions": {
    "compartmentId": "ocid1.compartment.oc1..<unique_ID>"
  }
}

これはVNICイベントのアタッチ/検出の参照イベントです: 

{
  "eventType": "com.oraclecloud.computeapi.attachvnic.end",
  "cloudEventsVersion": "0.1",
  "eventTypeVersion": "2.0",
  "source": "ComputeApi",
  "eventTime": "2019-08-15T21:21:48.586Z",
  "contentType": "application/json",
  "data": {
    "compartmentId": "ocid1.compartment.oc1..<unique_ID>",
    "compartmentName": "example_compartment",
    "resourceName": "my_instance",
    "resourceId": "ocid1.instance.oc1.phx.<unique_ID>",
    "availabilityDomain": "SoSC:PHX-AD-3",
    "additionalDetails": {
      "subnetId": "ocid1.subnet.oc1.phx.<unique_ID>"
    }
  },
  "eventID": "<unique_ID>",
  "extensions": {
    "compartmentId": "ocid1.compartment.oc1..<unique_ID>"
  }
}

インスタンス構成イベント・タイプ

「コンピュート」インスタンス構成で発行するイベント・タイプは次のとおりです:

わかりやすい名前 イベント・タイプ
インスタンス構成コンパートメントの変更
com.oraclecloud.computemanagement.changeinstanceconfigurationcompartment
インスタンス構成の作成
com.oraclecloud.computemanagement.createinstanceconfiguration
インスタンス構成の削除
com.oraclecloud.computemanagement.deleteinstanceconfiguration
インスタンス構成の起動開始
com.oraclecloud.computemanagement.launchinstanceconfiguration.begin
インスタンス構成の起動終了
com.oraclecloud.computemanagement.launchinstanceconfiguration.end
インスタンス構成の更新
com.oraclecloud.computemanagement.updateinstanceconfiguration

コンピュートインスタンス構成の例

これは大部分のインスタンス構成イベントの参照イベントです:

{
  "eventType": "com.oraclecloud.computemanagement.createinstanceconfiguration",
  "cloudEventsVersion": "0.1",
  "eventTypeVersion": "2.0",
  "source": "ComputeManagement",
  "eventTime": "2019-08-12T22:52:01.062Z",
  "contentType": "application/json",
  "data": {
    "compartmentId": "ocid1.compartment.oc1..<unique_ID>",
    "compartmentName": "example_compartment",
    "resourceName": "my_instance_configuration",
    "resourceId": "ocid1.instanceconfiguration.oc1.phx.<unique_ID>",
    "availabilityDomain": "<availability_domain>"
  },
  "eventID": "<unique_ID>",
  "extensions": {
    "compartmentId": "ocid1.compartment.oc1..<unique_ID>"
  }

インスタンス構成を起動しても、「可用性ドメイン」はエンドに含まれません。

インスタンス・コンソール接続イベント・タイプ

「コンピュート」インスタンス・コンソール接続が発行するイベント・タイプは次のとおりです:

わかりやすい名前 イベント・タイプ
インスタンス・コンソール接続の作成開始
com.oraclecloud.computeapi.createinstanceconsoleconnection.begin
インスタンス・コンソール接続の作成終了
com.oraclecloud.computeapi.createinstanceconsoleconnection.end
インスタンス・コンソール接続の削除開始
com.oraclecloud.computeapi.deleteinstanceconsoleconnection.begin
インスタンス・コンソール接続の削除終了
com.oraclecloud.computeapi.deleteinstanceconsoleconnection.end

コンピュートインスタンス・コンソール接続の例

これは、インスタンス・コンソール接続の参照イベントです:

{
  "eventType": "com.oraclecloud.computeapi.createinstanceconsoleconnection.begin",
  "cloudEventsVersion": "0.1",
  "eventTypeVersion": "2.0",
  "source": "ComputeApi",
  "eventTime": "2019-08-12T14:47:35.762Z",
  "contentType": "application/json",
  "data": {
    "compartmentId": "ocid1.compartment.oc1..<unique_ID>",
    "compartmentName": "example_compartment",
    "resourceId": "ocid1.instanceconsoleconnection.oc1.phx.<unique_ID>",
    "availabilityDomain": "SoSC:PHX-AD-3"
  },
  "eventID": "<unique_ID>",
  "extensions": {
    "compartmentId": "ocid1.compartment.oc1..<unique_ID>"
  }
}

インスタンス・プール・イベント・タイプ

「コンピュート」インスタンス・プールが発行するイベント・タイプは次のとおりです:

わかりやすい名前 イベント・タイプ
ロード・バランサのアタッチ開始
com.oraclecloud.computemanagement.attachloadbalancer.begin
ロード・バランサのアタッチ終了
com.oraclecloud.computemanagement.attachloadbalancer.end
インスタンス・プール・コンパートメントの変更
com.oraclecloud.computemanagement.changeinstancepoolcompartment
インスタンス・プールの作成開始
com.oraclecloud.computemanagement.createinstancepool.begin
インスタンス・プールの作成終了
com.oraclecloud.computemanagement.createinstancepool.end
ロード・バランサのデタッチ開始
com.oraclecloud.computemanagement.detachloadbalancer.begin
ロード・バランサのデタッチ終了
com.oraclecloud.computemanagement.detachloadbalancer.end
インスタンス・プールのリセット開始
com.oraclecloud.computemanagement.resetinstancepool.begin
インスタンス・プールのリセット終了
com.oraclecloud.computemanagement.resetinstancepool.end
インスタンス・プールのソフト・リセット開始
com.oraclecloud.computemanagement.softresetinstancepool.begin
インスタンス・プールのソフト・リセット終了
com.oraclecloud.computemanagement.softresetinstancepool.end
インスタンス・プールの開始開始
com.oraclecloud.computemanagement.startinstancepool.begin
インスタンス・プールの開始終了
com.oraclecloud.computemanagement.startinstancepool.end
インスタンス・プールの停止開始
com.oraclecloud.computemanagement.stopinstancepool.begin
インスタンス・プールの停止終了
com.oraclecloud.computemanagement.stopinstancepool.end
インスタンス・プールの停止開始
com.oraclecloud.computemanagement.terminateinstancepool.begin
インスタンス・プールの停止終了
com.oraclecloud.computemanagement.terminateinstancepool.end
インスタンス・プールの更新開始
com.oraclecloud.computemanagement.updateinstancepool.begin
インスタンス・プールの更新終了
com.oraclecloud.computemanagement.updateinstancepool.end

コンピュートインスタンス・プールの例

これは、ほとんどのインスタンス・プール・イベントの参照イベントです:

{
  "eventType": "com.oraclecloud.computemanagement.createinstancepool.begin",
  "cloudEventsVersion": "0.1",
  "eventTypeVersion": "2.0",
  "source": "ComputeManagement",
  "eventTime": "2019-08-12T22:52:01.343Z",
  "contentType": "application/json",
  "data": {
    "compartmentId": "ocid1.compartment.oc1..<unique_ID>",
    "compartmentName": "example_compartment",
    "resourceName": "my_instance_pool",
    "resourceId": "ocid1.instancepool.oc1.phx.<unique_ID>",
    "availabilityDomain": "<availability_domain>"
  },
  "eventID": "<unique_id>",
  "extensions": {
    "compartmentId": "ocid1.compartment.oc1..<unique_ID>"
  }
}

これらのインスタンス・プール・イベントには、可用性ドメインは含まれません: インスタンス・プール終了、デタッチ・ロード・バランサ終了、インスタンス・プール終了のリセット、インスタンス・プール終了のソフト・リセット、インスタンス・プール終了、インスタンス・プール終了の停止、インスタンス・プール終了の終了、インスタンス・プール終了の終了、およびインスタンス・プール終了の更新を行います。

データベース

イベントを発行する「データベース」リソース: 

Autonomous Databaseイベント・タイプ

Autonomous Databaseが生成するイベント・タイプは次のとおりです:

わかりやすい名前 イベント・タイプ
バックアップの作成開始
com.oraclecloud.databaseservice.autonomous.database.backup.begin
バックアップの終了
com.oraclecloud.databaseservice.autonomous.database.backup.end
インスタンスの作成開始
com.oraclecloud.databaseservice.autonomous.database.instance.create.begin
インスタンス終了の作成
com.oraclecloud.databaseservice.autonomous.database.instance.create.end
リストア開始
com.oraclecloud.databaseservice.autonomous.database.restore.begin
リストア終了
com.oraclecloud.databaseservice.autonomous.database.restore.end

Autonomous Databaseの例

これはAutonomous Databaseの参照イベントです: 

{
  "cloudEventsVersion": "0.1",
  "eventID": "<unique_ID>",
  "eventType": "com.oraclecloud.databaseservice.autonomous.database.backup.begin",
  "source": "databaseservice",
  "eventTypeVersion": "<version>",
  "eventTime": "2019-07-10T14:06:23Z",
  "schemaURL": null,
  "contentType": "application/json",
  "extensions": {
    "compartmentId": "ocid1.compartment.oc1..<unique_ID>"
  },
  "data": {
    "compartmentId": "ocid1.compartment.oc1..<unique_ID>",
    "compartmentName": "example_name",
    "resourceName": "my_database",
    "resourceId": "ocid1.autonomousdatabase.oc1.phx.<unique_ID>",
    "availabilityDomain": "SoSC:PHX-AD-3",
    "freeFormTags": {},
    "definedTags": {},
    "additionalDetails": {
      "cpuCoreCount": 1,
      "lifecycleState": "PROVISIONING",
      "dataStorageSizeInTBs": 1,
      "timeCreated": "2019-07-10T14:06:10.905Z",
      "timeUpdated": "2019-07-10T14:06:10.905Z",
      "serviceConsoleUrl": null,
      "licenseType": null,
      "workloadType": "<Data Warehouse | Transaction Processing>",
      "autonomousDatabaseType": "<Dedicated Infrastructure | Severless>"
    }
  }
 }

Autonomous Container Databaseイベント・タイプ

Autonomous Container Databasesが発行するイベント・タイプは次のとおりです:

わかりやすい名前 イベント・タイプ
バックアップの作成開始
com.oraclecloud.databaseservice.autonomous.container.database.backup.begin
バックアップの終了
com.oraclecloud.databaseservice.autonomous.container.database.backup.end
インスタンスの作成開始
com.oraclecloud.databaseservice.autonomous.container.database.instance.create.begin
インスタンス終了の作成
com.oraclecloud.databaseservice.autonomous.container.database.instance.create.end
メンテナンス開始
com.oraclecloud.databaseservice.autonomous.container.database.maintenance.begin
メンテナンス終了
com.oraclecloud.databaseservice.autonomous.container.database.maintenance.end
メンテナンス・リマインダ
com.oraclecloud.databaseservice.autonomous.container.database.maintenance.reminder
スケジュール済メンテナンス
com.oraclecloud.databaseservice.autonomous.container.database.maintenance.scheduled
リストア開始
com.oraclecloud.databaseservice.autonomous.container.database.restore.begin
リストア終了
com.oraclecloud.databaseservice.autonomous.container.database.restore.end
インスタンスの更新開始
com.oraclecloud.databaseservice.autonomous.container.database.instance.update.begin
インスタンスの更新終了
com.oraclecloud.databaseservice.autonomous.container.database.instance.update.end

Autonomous Container Databaseの例

これはAutonomous Container Databasesの参照イベントです:

{
  "cloudEventsVersion": "0.1",
  "eventID": "<unique_ID>",
  "eventType": "com.oraclecloud.databaseservice.autonomous.container.database.backup.begin",
  "source": "databaseservice",
  "eventTypeVersion": "<version>",
  "eventTime": "2019-06-27T21:16:04Z",
  "schemaURL": null,
  "contentType": "application/json",
  "extensions": {
    "compartmentId": "ocid1.compartment.oc1..<unique_ID>"
  },
  "data": {
    "compartmentId": "ocid1.compartment.oc1..<unique_ID>",
    "compartmentName": "example_name",
    "resourceName": "my_container_database",
    "resourceId": "<unique_ID>",
    "availabilityDomain": "all",
    "freeFormTags": {},
    "definedTags": {},
    "additionalDetails": {
      "cpuCoreCount": null,
      "lifecycleState": "ACTIVE",
      "dataStorageSizeInTBs": null,
      "timeCreated": "2019-06-27T21:15:59.000Z",
      "timeUpdated": "2019-06-27T21:16:04.389Z",
      "dbUniqueName": "dwrrdtsr_phx289",
      "dbHomeId": "ocid1.autonomoushome.oc1.phx.<unique_ID>",
      "dbName": "dwrrdtsr"
      "autonomousContainerDatabaseId": "ocid1.autonomouscontainerdatabase.oc1.phx.<unique_ID>"
    }
  }
}

Autonomous Exadata Infrastructureイベント・タイプ

Autonomous Exadata Infrastructureインスタンスが生成するイベント・タイプは次のとおりです: 

わかりやすい名前 イベント・タイプ
インスタンスの作成開始
com.oraclecloud.databaseservice.autonomous.exadata.infrastructure.instance.create.begin
インスタンス終了の作成
com.oraclecloud.databaseservice.autonomous.exadata.infrastructure.instance.create.end
メンテナンス開始
com.oraclecloud.databaseservice.autonomous.exadata.infrastructure.maintenance.begin
メンテナンス終了
com.oraclecloud.databaseservice.autonomous.exadata.infrastructure.maintenance.end
メンテナンス・リマインダ
com.oraclecloud.databaseservice.autonomous.exadata.infrastructure.maintenance.reminder
スケジュール済メンテナンス
com.oraclecloud.databaseservice.autonomous.exadata.infrastructure.maintenance.scheduled

Autonomous Exadata Infrastructureの例

これはAutonomous Exadata Infrastructureインスタンスの参照イベントです:

{
  "cloudEventsVersion": "0.1",
  "eventID": "<unique_ID>",
  "eventType": "com.oraclecloud.databaseservice.autonomous.exadata.infrastructure.instance.create.begin",
  "source": "databaseservice",
  "eventTypeVersion": "<version>",
  "eventTime": "2019-07-10T23:28:12Z",
  "schemaURL": null,
  "contentType": "application/json",
  "extensions": {
    "compartmentId": "ocid1.compartment.oc1..<unique_ID>"
  },
  "data": {
    "compartmentId": "ocid1.compartment.oc1..<unique_ID>",
    "compartmentName": "example_name",
    "resourceName": "my_exadata_instance",
    "resourceId": "ocid1.autonomousexainfrastructure.oc1.phx.<unique_ID>",
    "availabilityDomain": "XXIT:PHX-AD-3",
    "freeFormTags": {},
    "definedTags":{},
    "additionalDetails":{
      "cpuCoreCount": 92,
      "lifecycleState": "TERMINATED",
      "dataStorageSizeInTBs": null,
      "timeCreated": "2019-07-10T23:13:43.136Z",
      "timeUpdated": "2019-07-10T23:28:12.390Z",
      "serviceConsoleUrl": null,
      "licenseType": null,
      "dbName": null
    }
  }
}

Exadataインフラストラクチャ・イベント・タイプ

Exadataインフラストラクチャ・インスタンスが発行するイベント・タイプは次のとおりです:

わかりやすい名前 イベント・タイプ
作成開始
com.oraclecloud.databaseservice.createexadatainfrastructure.begin
作成終了
com.oraclecloud.databaseservice.createexadatainfrastructure.end
構成ファイルのダウンロード
com.oraclecloud.databaseservice.downloadexadatainfrastructureconfigfile
アクティブ化開始
com.oraclecloud.databaseservice.activateexadatainfrastructure.begin
アクティブ化終了
com.oraclecloud.databaseservice.activateexadatainfrastructure.end
削除開始
com.oraclecloud.databaseservice.deleteexadatainfrastructure.begin
削除終了
com.oraclecloud.databaseservice.deleteexadatainfrastructure.end
更新開始
com.oraclecloud.databaseservice.updateexadatainfrastructure.begin
更新終了
com.oraclecloud.databaseservice.updateexadatainfrastructure.end
コンパートメントの変更
com.oraclecloud.databaseservice.changeexadatainfrastructurecompartment

Exadataインフラストラクチャの例

これはExadataインフラストラクチャ・インスタンスの参照イベントです:

 {
    "cloudEventsVersion": "0.1",
    "eventID": "60600c06-d6a7-4e85-b56a-1de3e6042f57",
    "eventType": "com.oraclecloud.databaseservice.createexadatainfrastructure.begin",
    "source": "databaseservice",
    "eventTypeVersion": "<version>",
    "eventTime": "2019-08-29T21:16:04Z",
    "contentType": "application/json",
    "extensions": {
      "compartmentId": "ocid1.compartment.oc1..<unique_ID>"
    },
    "data": {
      "compartmentId": "ocid1.compartment.oc1..<unique_ID>",
      "compartmentName": "example_name",
      "resourceName": "my_exadata_infra",
      "resourceId": "ExadataInfra-unique_ID",
      "availabilityDomain": "all",
      "freeFormTags": {},
      "definedTags": {},
      "additionalDetails": {
        "id": "ocid1.id..oc1...<unique_ID>",
        "lifecycleState": "AVAILABLE",
        "timeCreated": "2019-08-29T12:00:00.000Z",
        "timeUpdated": "2019-08-29T12:30:00.000Z",
        "lifecycleDetails": "detail message",
        "shape": "ExadataCC.Base3.48",
        "timeZone": "US/Pacific",
        "displayName": "testDisplayName"
      }
    }
  }

VMクラスタ・ネットワーク・イベント・タイプ

VMクラスタが発行するイベント・タイプは次のとおりです:

わかりやすい名前 イベント・タイプ
作成開始
com.oraclecloud.databaseservice.createvmclusternetwork.begin
作成終了
com.oraclecloud.databaseservice.createvmclusternetwork.end
更新開始
com.oraclecloud.databaseservice.createvmclusternetwork.begin
更新終了
com.oraclecloud.databaseservice.createvmclusternetwork.end
検証開始
com.oraclecloud.databaseservice.validatevmclusternetwork.begin
検証終了
com.oraclecloud.databaseservice.validatevmclusternetwork.end
ネットワーク検証ファイル・ダウンロード
com.oraclecloud.databaseservice.downloadvmclusternetworkconfigfile
停止開始
com.oraclecloud.databaseservice.deletevmclusternetwork.begin
終了
com.oraclecloud.databaseservice.deletevmclusternetwork.end

VMクラスタ・ネットワークの例

これはVMクラスタ・ネットワークの参照イベントです:

 {
    "cloudEventsVersion": "0.1",
    "eventID": "60600c06-d6a7-4e85-b56a-1de3e6042f57",
    "eventType": "com.oraclecloud.databaseservice.createvmclusternetwork.begin",
    "source": "databaseservice",
    "eventTypeVersion": "<version>",
    "eventTime": "2019-08-29T21:16:04Z",
    "contentType": "application/json",
    "extensions": {
      "compartmentId": "ocid1.compartment.oc1..<unique_ID>"
    },
    "data": {
      "compartmentId": "ocid1.compartment.oc1..<unique_ID>",
      "compartmentName": "example_name",
      "resourceName": "my_vmcluster_network",
      "resourceId": "VmClusterNetwork-unique_ID",
      "availabilityDomain": "all",
      "freeFormTags": {},
      "definedTags": {},
      "additionalDetails": {
        "id": "ocid1.id..oc1...<unique_ID>",
        "lifecycleState": "AVAILABLE",
        "timeCreated": "2019-08-29T12:00:00.000Z",
        "timeUpdated": "2019-08-29T12:30:00.000Z",
        "lifecycleDetails": "detail message",
        "exadataInfrastructureId": "ExadataInfra-unique_ID",
        "displayName": "testDisplayName"
      }
    }
  }

VMクラスタ・イベント・タイプ

VMクラスタが発行するイベント・タイプは次のとおりです:

わかりやすい名前 イベント・タイプ
コンパートメントの変更
com.oraclecloud.databaseservice.changevmclustercompartment
作成開始
com.oraclecloud.databaseservice.createvmcluster.begin
作成終了
com.oraclecloud.databaseservice.createvmcluster.end
更新開始
com.oraclecloud.databaseservice.updatevmcluster.begin
更新終了
com.oraclecloud.databaseservice.updatevmcluster.end
停止開始
com.oraclecloud.databaseservice.deletevmcluster.begin
終了
com.oraclecloud.databaseservice.deletevmcluster.end

VMクラスタの例

これはVMクラスタの参照イベントです:

 {
    "cloudEventsVersion": "0.1",
    "eventID": "60600c06-d6a7-4e85-b56a-1de3e6042f57",
    "eventType": "com.oraclecloud.databaseservice.createvmclusternetwork.begin",
    "source": "databaseservice",
    "eventTypeVersion": "<version>",
    "eventTime": "2019-08-29T21:16:04Z",
    "contentType": "application/json",
    "extensions": {
      "compartmentId": "ocid1.compartment.oc1..<unique_ID>"
    },
    "data": {
      "compartmentId": "ocid1.compartment.oc1..<unique_ID>",
      "compartmentName": "example_name",
      "resourceName": "my_vmcluster_network",
      "resourceId": "VmClusterNetwork-unique_ID",
      "availabilityDomain": "all",
      "freeFo