Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

Windows NFSを使用したファイルシステムへの作成および書込み失敗

重要

Windowsインスタンスからファイル・システムに接続するには、まずNFSクライアントをインストールする必要があります。
トラブルシューティングを進める前に、必ず「Windowsインスタンスからのファイル・システムのマウント」にあるインストール手順に従ってください。

症状: Windows NFSクライアントをインストールすると、Windowsからファイル・システムを正常にマウントできますが、ファイル・システム内のファイルを作成または更新しようとしても失敗します。

原因1: AnonymousGid およびAnonymousUidをルート・ユーザーにマップするレジストリ・エントリが存在しないか、正しい場所にありません。

NFSファイル・システムへのアクセスには、WindowsユーザーとグループのIDと同じではないUNIXスタイルのユーザーIDとグループIDが必要です。 ユーザーがNFS共有リソースにアクセスできるようにするために、AnonymousGidおよびAnonymousUidを使用して、NFS用のWindowsクライアントは匿名でファイル・システムにアクセスします。 新しいファイル・システムでは、書き込み権限はrootユーザーにのみ許可されます。

ソリューション: 正しいレジストリ・エントリがHKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\ClientForNFS\CurrentVersion\Defaultにあることを確認してください。 そうでない場合は、AnonymousGid およびAnonymousUid レジストリ・エントリを追加してルート・ユーザーにマップしてから、新しいユーザー権限を持つファイル・システムを再マウントします。

ヒント

Windowsコマンドライン(CMD)ウィンドウを開き、引数なしでmount コマンドを入力すると、AnonymousGid およびAnonymousUid がマウント済ファイル・システムに正しく設定されていることを確認できます。 マウントされているすべてのファイル・システムとそのプロパティのリストが表示されます。 AnonymousGid (GID)およびAnonymousUid (UID)の値は、0として表示されます。

例えば:

C:\>mount

Local    Remote                                 Properties
-------------------------------------------------------------------------------
X:       \\10.0.1.0\FileSystem                  UID=0, GID=0
                                                rsize=1048576, wsize=1048576
                                                mount=soft, timeout=0.8
                                                retry=1, locking=yes
                                                fileaccess=755, lang=ANSI
                                                casesensitive=no
                                                sec=sys

-2として表示される場合は、正しく設定されていません。 次の手順に進みます。

AnonymousGidとAnonymousUidをルート・ユーザーにマップするには

原因2: 標準ユーザーが「管理者: Windowsコマンドライン(CMD)」を使用してマウントしたファイル・システムにアクセスしようとしています。 ファイル・システムをマウントするときは、コマンド・プロンプトを管理者として実行する必要はありません。

解決: ファイル・システムをアンマウントし、標準のコマンド・プロンプトを使用してファイル・システムを再マウントします。 (CMD)

標準コマンド・プロンプト(CMD)を使用してファイル・システムを再マウントするには、次のようにします。