Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

Oracle FunctionsFn Projectの差異

一般的に、Oracle FunctionsFn Projectはよく似ています。 ただし、次に示すように、いくつかの相違があります。

APIコールを実行するときの認証の相違点

Oracle FunctionsOracle Cloud Infrastructure APIを使用する際、リクエスト・ヘッダーで次の情報を指定する必要があります:

  • ファンクションが属するコンパートメントのOCID
  • Oracle Cloud Infrastructure認証の詳細

ファンクション呼出し時の相違点

Oracle Functionsにデプロイされているファンクションを呼び出すには、Oracle Cloud Infrastructureエンドポイントを明示的に指定する必要があります(Fn Project CLIを使用していない場合)。

たとえば、oci-curlを使用してファンクションを呼び出す場合は、ファンクションの呼出しエンドポイント(たとえば、https://fht7ns4mn2q.us-phoenix-1.functions.oci.oraclecloud.com/20181201/functions/ocid1.fnfunc.oc1.phx.aaaa____uxoa/actions/invoke)にリクエストを送信する必要があります。

APIを直接、またはFn Project CLIコマンドを使用してコールすると、適切なエンドポイントを取得できます:

$ fn inspect function <app-name> <function-name>

Oracle Functionsでの追加コンテキスト構成パラメータ

Oracle Functionsには、Fn Projectコンテキスト構成パラメータのサポートに加え、次の表に示すように、いくつかの追加パラメータもあります。

追加パラメータ 設定場所 注意
provider ~/.fn/contextsでのコンテキスト構成の.yamlファイル oracle

Fn Projectファンクションではなく、Oracle Functionsを有効にします。 provideroracleに設定されている場合、次のパラメータが有効です:

  • oracle.compartment-id
  • oracle.profile

「6. Oracle Cloud Infrastructureに接続するFn Project CLIコンテキストの作成」も参照してください。

oracle.compartment-id

~/.fn/contextsでのコンテキスト構成の.yamlファイル <compartment -ocid>

ファンクション関連のリソースを所有するOracle Cloud InfrastructureコンパートメントのOCIDを指定します。

「6. Oracle Cloud Infrastructureに接続するFn Project CLIコンテキストの作成」も参照してください。

oracle.profile ~/.fn/contextsでのコンテキスト構成の.yamlファイル <profile-name>

~/.oci/configファイルから使用するプロファイルを指定します。 設定しないと、defaultという名前のプロファイルが使用されます。

「7. oracle.profileパラメータを使用したFn Project CLIのコンテキストの設定」を参照

注釈の使用

Fn Project CLIを使用してOracle Functionsリソースを作成および表示する場合、注釈を使用すると、関連するOracle Cloud Infrastructureリソースを識別および指定できます。

例えば:

  • Fn Project CLIを使用して新しいアプリケーションを作成する場合は、--annotationパラメータを使用して、ファンクションを実行するサブネットのOCIDを指定します。
  • Fn Project CLIを使用してファンクションのプロパティを表示する場合、annotations要素に、そのファンクションを所有するコンパートメントのOCIDが表示されます。

他の構成パラメータや環境変数とは異なり、注釈値を引数としてDockerコンテナの実行用に渡すことはできません。