Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

Oracle Functionsで使用するVCNおよびサブネットを作成します(まだ存在しない場合)。

ユーザーがOracle Functionsを使用してファンクションを作成およびデプロイする前に、ファンクションおよびアプリケーションを作成するサブネットを含むVCNがすでに存在している必要があります。 VCNは、他のファンクション関連のリソースが属するコンパートメントと同じコンパートメントで所有することはできますが、所有する必要はありません。

VCNの各サブネットには、少なくとも特定の最小数の空きIPアドレスを提供するCIDRブロックが次のように必要です:

  • AD固有のサブネットには、最低でも12の空きIPアドレスが必要です。
  • リージョン・サブネットには、最小で32個の空きIPアドレスが必要です。

Oracleでは、各サブネットには最小数より多くの空きIPアドレスを提供するCIDRブロックがあることを強くお薦めします。

同時接続の最大数をサポートするため、Oracleでは、VCNのサブネットで使用されるセキュリティ・リストにステートレス・ルールのみを使用することを強くお薦めします。

適切なVCNがすでに存在する場合は、新規作成する必要はありません。

新しいVCNを作成する場合は、次のような複数のオプションがあります:

  • このトピックで説明するように、新しいVCNを作成し、関連するリソースを同時に自動的に作成できます。 この場合は、3つのパブリック・サブネットとインターネット・ゲートウェイが作成され、新しいルート・ルールがデフォルト・ルート表に追加されます。
  • 最初にVCNを作成してから、関連するリソースを後で自分で作成できます(「VCNとサブネット」を参照)。 この場合は、パブリック・サブネットとインターネット・ゲートウェイ(「インターネット・ゲートウェイ」を参照)のどちらを作成するか、プライベート・サブネットとサービス・ゲートウェイを作成するか(「Oracle Servicesへのアクセス: サービス・ゲートウェイ」を参照)を選択できます。 たとえば、パブリック・インターネットを介してトラフィックを公開しない場合は、プライベート・サブネットおよびサービス・ゲートウェイを作成します。

Papertrailなどの外部ロギング宛先を使用するには、パブリック・サブネットを含むVCNを作成する必要があります(「ファンクション・ログの格納と表示」を参照)。

Oracle Functionsで使用するVCNを作成する場合(関連リソースを自動的に作成):

  1. テナンシ管理者としてコンソールにログインします。
  2. 「ナビゲーション・メニュー」を開きます。 コア・インフラストラクチャの下で、ネットワーキングに行き、「仮想クラウド・ネットワーク」をクリックします。
  3. ネットワーク・リソースを所有するコンパートメント(ページの左側)を選択します。 たとえば、acme-networkです。

    VCNは、他のファンクション関連のリソースが属するコンパートメントと同じコンパートメントで所有することはできますが、所有する必要はありません。 ページが更新され、そのコンパートメント内のリソースのみが表示されます。

  4. 新しいVCNを作成するには、「仮想クラウド・ネットワークの作成」をクリックします。
  5. 「仮想クラウド・ネットワークの作成」ダイアログ・ボックスで、次のように入力します:
    1. 名: acme-functions-vcnなどのクラウド・ネットワークの意味を持つ名前。 名前は一意である必要はありませんが、コンソールで後で変更することはできません。 機密情報を入力しないでください。
    2. Virtual Cloud Network Plus関連リソースの作成: 便宜上、VCNと関連するリソース(すべてのデフォルト・プロパティを持つ)を単一の操作に作成するには、このオプションを選択します。
    3. このVCNでDNSホスト名を使用する: このオプションを選択します。

  6. 関連するリソース(3つのパブリック・サブネットおよびインターネット・ゲートウェイ)とともにVCNを作成するには、「仮想クラウド・ネットワークの作成」をクリックします。