Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

7. oracle.profileパラメータを使用したFn Project CLIのコンテキストの設定

Oracle Functionsを使用する前に、Oracle Cloud Infrastructure CLI構成ファイル~/.oci/configに追加した新しいプロファイルを使用するようにFn Project CLIを構成する必要があります(第「2. Oracle Cloud Infrastructure CLI構成ファイルでプロファイルを作成」を参照)。 追加したプロファイルには、ファンクションの作成およびデプロイに使用するユーザー・アカウントの資格証明が含まれています。

特に指定しないかぎり、Fn Project CLIではdefaultという~/.oci/configファイルのプロファイルの使用が試行されることに注意してください。

このトピックのステップでは、「6. Oracle Cloud Infrastructureに接続するFn Project CLIコンテキストの作成」ですでにステップを完了していることを前提としています。

Oracle Functionsで使用するために作成したプロファイルを使用するようにFn Project CLIを構成するには:

  1. ファンクション開発者として開発環境にログインします。

  2. ターミナル・ウィンドウで、Oracle Functionsで使用するために作成したプロファイルの名前を使用してFn Project CLIコンテキストを構成するには、次を入力します:

    $ fn update context oracle.profile <profile-name>

    例えば:

    $ fn update context oracle.profile john-oci-profile

このトピックのステップを完了したら、「8.認証トークンを生成してOracle Cloud Infrastructureレジストリへのログインを有効化」に移動します。