Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

Fn Project CLIをOracle Functionsとともに使用する方法

Oracle Functionsの電源は、Fn Projectのオープン・ソース・エンジンです。 その結果、Fn Project CLIを使用して、Oracle Functionsに対して作成、読取り、更新および削除操作を実行できます。

Fn Project CLIをOracle Functionsとともに使用できるようにするには、いくつかの準備タスクを実行します。 「ファンクション開発用のクライアント環境の構成」も参照してください。

ほとんどのFn Project CLIコマンドには、次のような構文があります:

fn [global options] <command> [command options] [subcommands] [arguments]

たとえば、次のものがあります。

  • 使用可能なすべてのアプリケーションをリストし、fn list appsコマンドを使用
  • アプリケーションの作成。fn create app acmeapp --annotation oracle.com/oci/subnetIds='["ocid1.subnet.oc1.phx.aaaaaaaacnh..."]'などのコマンドを使用
  • ファンクションの起動。fn invoke helloworld-app helloworld-funcなどのコマンドを使用
  • Fn Project CLIがコンテキストに使用するプロファイルを変更し、fn update context oracle.profile john-oci-profileなどのコマンドを使用

Fn Project CLIコマンドの完全なリストを表示するには、次の操作を実行します:

  • ファンクション開発者として開発環境にログインし、ターミナル・ウィンドウでfn --helpまたはfn -hを入力します。
  • webブラウザで、Fn Project CLIドキュメント」に移動します。

個々のFn Project CLIコマンドの詳細情報を表示するには、次の操作を実行します:

  • ファンクション開発者として開発環境にログインし、ターミナル・ウィンドウでfn <command> [subcommand] --helpまたはfn <command> [subcommand] -hを入力します。 例えば:
    • fn create --help
    • fn update app -h
  • webブラウザで、Fn Project CLIドキュメント」に移動して、リストからコマンドを選択します。

新しいバージョンのFn Project CLIが解放されるまでの時間です。 変更後:

  • 現在インストールされているFn Project CLIのバージョンおよびそれが最新のバージョンであるかどうかを確認するには、ファンクション開発者として開発環境にログインし、ターミナル・ウィンドウでfn versionを入力します。 Fn Project CLIバージョン番号が表示されます。 より新しいバージョンのFn Project CLIが使用可能な場合、使用可能な最新バージョンの番号も表示されます。
  • Fn Project CLIを最新バージョンにアップグレードし、「5. Fn Project CLIをインストール」の指示に従ってFn Project CLIを再インストールします。