Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

ファンクションとアプリケーションの表示

Oracle Functionsにデプロイ済のファンクションがある場合は、通常、デプロイしたファンクションとともに、同じアプリケーションおよび異なるアプリケーションの他のファンクションを表示できます。 たとえば、次のものを表示できます:

  • コンパートメント内のすべてのアプリケーション
  • 指定されたファンクションのイメージの詳細

コンソールFn Project CLIおよびAPIを使用して、アプリケーションおよびファンクションを表示できます。

コンソールの使用

コンソールを使用してOracle Functionsにデプロイされたアプリケーションおよびファンクションの詳細を表示するには:

  1. ファンクション開発者としてコンソールにログインします。
  2. コンソールで、「ナビゲーション・メニュー」を開きます。 ソリューションおよびプラットフォームの下で、開発者サービスに移動して「ファンクション」をクリックします。
  3. Oracle Functionsで使用するリージョンを選択します。 Oracleは、Fn Project CLIコンテキストで指定されたDockerレジストリと同じリージョンを使用することをお薦めします(「6. Oracle Cloud Infrastructureに接続するFn Project CLIコンテキストの作成」を参照)。
  4. 情報を表示するアプリケーションおよびファンクションを含むコンパートメントを選択します。

    「アプリケーション」ページには、選択したコンパートメント内のすべてのアプリケーションが表示されます。

  5. アプリケーションの名前をクリックすると、アプリケーション内のファンクションが表示されます。

    「ファンクション」ページには、選択したアプリケーション内の全ファンクションに関する次のような詳細が表示されます:

    • 各ファンクションに作成されるDockerイメージ
    • ファンクションが最後に更新された日付
  6. 「ファンクション」ページでファンクション名をクリックすると、タイムアウトおよびメモリー構成パラメータの値など、そのファンクションに関する追加情報が表示されます。

Fn Project CLIコマンドの使用方法

Fn Project CLIを使用してOracle Functionsにデプロイされたアプリケーションおよびファンクションの詳細を表示するには:

  1. ファンクション開発者として開発環境にログインします。

  2. アプリケーションに関する詳細を端末ウィンドウに表示するには、次のようにします:

    • 次のコマンドを入力すると、アプリケーションの単純なリストが表示されます:

      $ fn list apps

      例えば:

      $ fn list apps
      			
      acme-app
    • 次のコマンドを入力すると、特定のアプリケーションの詳細が表示されます:

      $ fn inspect app <app-name>

      例えば:

      $ fn inspect app acme-app
      			
      {
          "annotations": {
              "oracle.com/oci/appCode": "fht7ns4mn2q",
              "oracle.com/oci/compartmentId": "ocid1.compartment.oc1..aaaaaaaaw______nyq",
              "oracle.com/oci/subnetIds": [
                      "ocid1.subnet.oc1.phx.aaaaaaaao..."
              ],
              "oracle.com/oci/tenantId": "ocid1.tenancy.oc1..aaaaaaaap...keq"
          },
          "created_at": "2018-07-13T17:54:34.000Z",
          "id": "ocid1.fnapp.oc1.phx.aaaaaaaaaf______r3ca",
          "name": "acme-app",
          "updated_at": "2018-07-13T17:54:34.000Z"
      }
  3. ファンクションに関する詳細を端末ウィンドウに表示するには、次のようにします:

    • 次のコマンドを入力すると、特定のアプリケーションのファンクションの単純なリストが表示されます:

       $ fn list functions <app-name>

      例えば:

      $ fn list functions acme-app
      			
      NAME            IMAGE
      acme-func       phx.ocir.io/ansh81vru1zp/acme-repo/acme-func:0.0.3
      acme-func-dev   phx.ocir.io/ansh81vru1zp/acme-repo/acme-func-dev:0.0.7
      acme-func-test  phx.ocir.io/ansh81vru1zp/acme-repo/acme-func-test:0.0.6
    • 次のコマンドを入力すると、特定のファンクションの詳細が表示されます:

      $ fn inspect function <app-name> <function-name>

      例えば:

      $ fn inspect function acme-app acme-func
      
      {
          "annotations": {
              "fnproject.io/fn/invokeEndpoint": "https://fht7ns4mn2q.us-phoenix-1.functions.oci.oraclecloud.com/20181201/functions/ocid1.fnfunc.oc1.phx.aaaa____uxoa/actions/invoke",							
              "oracle.com/oci/compartmentId": "ocid1.compartment.oc1..aaaaaaaaw______nyq"
          },
          "app_id": "ocid1.fnapp.oc1.phx.aaaaaaaaaf______r3ca",
          "created_at": "2018-07-26T12:50:53.000Z",
          "format": "default",
          "id": "ocid1.fnfunc.oc1.phx.aaaa____uxoa",
          "image": "phx.ocir.io/ansh81vru1zp/acme-repo/acme-func:0.0.3",
          "memory": 128,
          "name": "acme-func",
          "timeout": 30,
          "updated_at": "2018-07-26T13:59:18.000Z"
      }

APIの使用

APIおよび署名リクエストの使用については、REST APIおよび「セキュリティ資格証明」を参照してください。 SDKの詳細は、「ソフトウェア開発キットとコマンドライン・インタフェース」を参照してください。

これらのAPI操作を使用して、アプリケーションおよびファンクションの詳細を確認します: