Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

コンパートメントの選択

コンパートメントは、リソースへのアクセスを整理して制御するのに役立ちます。 コンパートメントは、組織内の管理者の許可を得たグループによってのみアクセスできる、関連リソース(クラウド・ネットワーク、コンピュート・インスタンス、またはブロック・ボリュームなど)の集合です。 たとえば、1つのコンパートメントに、会社のHuman Resourcesシステムの製品バージョンを構成するすべてのサーバーおよびストレージ・ボリュームを含めることができます。 そのコンパートメントへのアクセス許可を持つユーザーのみが、これらのサーバーとボリュームを管理できます。

このチュートリアルでは、すべてのリソースに対して1つのコンパートメントを使用します。 本番環境を作成する準備ができたら、これらのリソースを別々のコンパートメントに分ける可能性が非常に高いでしょう。

始める前に

「サインイン」コンソールに設定します。

コンパートメントの選択

サービスの操作を開始するには、最初にサービスを選択し、次に権限のあるコンパートメントを選択する必要があります。

  1. このチュートリアルでは、最初に作成するリソースがクラウド・ネットワークです。 「ナビゲーション・メニュー」を開きます。 コア・インフラの下で、Networkingに行き、Virtual Cloud Networksをクリックします。
  2. イメージのように、左側のリストからサンドボックス・コンパートメント(または管理者が指定したコンパートメント)を選択します。 サンドボックス・コンパートメントが存在しない場合は、「コンパートメントの作成」の説明に従って作成できます。

    サンドボックス・コンパートメントの選択

コンパートメントの作成

サンドボックス・コンパートメントを選択すると、サンドボックスにあるリソースのみが表示されます。 新しいリソースを作成すると、作成するコンパートメントを選択するよう求められますが、現在のコンパートメントがデフォルトになります。 コンパートメントを変更する場合は、サンドボックス・コンパートメントに戻って、作成されたリソースを確認する必要があります。

次の手順

これでコンパートメントにリソースを作成することができます。 「Virtual Cloud Networkの作成」を参照してください。