Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

コンソール・クッキーとローカル・ストレージ

Oracle Cloud Infrastructureコンソールは、ブラウザのCookieとローカル・ストレージを以下のように使用します。

Oracle Cloud Infrastructureコンソールのログイン・ページのCookie

名前 用途 期間 無効化の影響
bmc_tenancy OCIコンソール・ログイン・ページのデフォルト・テナンシを追跡 30日 最後に使用されたテナンシは追跡されず、ユーザーはOCIコンソールにログインするときにテナンシを指定するように求められます

Oracle Cloud Infrastructureコンソール・ローカル・ストレージ

名前 用途 期間 無効化の影響
hg‑session‑<userid>:<session> 選択されたリージョン、アクティブなコンパートメントおよび他のUI状態を含むUI状態情報 期限切れにならない コンソールUIが最適に動作しないことがある
recorded-events コンソール使用データの一時キャッシュ。 機密情報は含まれません。 期限切れにならない 分析や製品改善の目的でコンソールの使用状況が記録されない
recorded-metrics コンソール・メトリックの一時キャッシュ(ページ・ロード時間など) 期限切れにならない 分析および製品改善のために記録されていないコンソール・メトリック

Oracle Cloud Infrastructureコンソールのクッキー

名前 用途 期間 無効化の影響
s_fid Adobe Analytics固有のビジター情報、匿名 2年 さまざまなOracle製品間でユーザーを追跡できない(OCI、Cloud Marketplace)
s_nr Adobe Analytics固有のビジター情報、匿名 2年 さまざまなOracle製品間でユーザーを追跡できない(OCI、Cloud Marketplace)
gpw_e24 以前にアクセスしたURL (匿名)を記録して保存 期限切れにならない 分析および製品改善のために記録されていないコンソール・メトリック

Oracle Cloud Infrastructureコンソール・ローカル・ストレージ - インデックス付きDB

フィールド 用途
duplo - <tenancy ocid> activeCompartmentId ユーザーがUIで選択したコンパートメントを格納
duplo - <tenancy ocid> activeRegionId ユーザーが選択したリージョンをUIに格納
duplo - <tenancy ocid> selectedLocale ユーザーの現在のロケールを格納
opc-key-store key APIエンドポイントへの署名付きリクエスト呼び出しに使用される、署名付きアイデンティティ・トークン(ユーザー・アイデンティティ情報を持ちます)と署名付きセキュリティ・トークン(JSON Webキーとして一時的なユーザー公開キーを持ちます)。 24時間後にセキュリティ・トークンの有効期限が切れます。その時点で、ユーザーは再度ログインするよう求められます。
opc-key-store-v2 key 署名されたアイデンティティ・トークン(ユーザー・アイデンティティ情報を持ちます)と署名付きセキュリティ・トークン(JSON Webキーとして一時的なユーザー公開キーを持ちます)が、APIエンドポイントへの署名付きリクエスト呼び出しに使用されます。 24時間後にセキュリティ・トークンの有効期限が切れます。その時点で、ユーザーは再度ログインするよう求められます。